ホラー

ダークスカイズ

次は、おまえだ・・・

ストーリー:バレット一家の大黒柱ダニエル(ジョシュ・ハミルトン)は不況の煽りを受け失業中で、妻レイシー(ケリー・ラッセル)の稼ぎに頼る生活を送っている。苦しいながらも思春期の息子ジェシー(ダコタ・ゴヨ)と次男のサム(ケイダン・ロケット)の
4人家族でなんとか生計を立てていた。ある日からレイシーは耳鳴りに悩まされるようになり、夜中に家の中で“何か”の気配を感じとる。家を見回ると荒らされた形跡があり、彼女は戦慄する。不審者の仕業と最初は思っていたが、その日を境に度重なる怪現象に悩まされていく。家の中で感じる「何か」の気配は一向に消えず、あまりにも不審に思ったダニエルは真相を暴こうと家の中に6台の監視カメラを設置する。録画した乱れる映像をコマ送りにすると、そこには目を疑うおぞましい存在が映りこんでいた・・・。

出演:ジョシュ・ハミルトン、ケリー・ラッセル、ケイダン・ロケット、ダコタ・ゴヨ、J・K・シモンズ、L・J・ベネット、リッチ・ハッチマン、マインディ・クリスト、アニー・サーマン、ロン・オストルフ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ オススメホラー

おすすめホラー作品ベスト3に入りました。次々と事件が起こり、中弛みがありません。また他に比べるとストーリーを深読みする必要がなく、わりとモヤモヤを残さずに観れると思います。

★★★★★ ジャケットほどホラーではないがかなり面白い

お金もかけてて、しっかりした作り。最後まで飽きずにみれた。結末というか、その正体というものがわかったとき日本なら祟りとか呪いとか呪縛霊なんだろうけどアメリカはやっぱりこうなんだろうなと納得した。

★★★★☆ ホラーと言えばホラーだけど

「絶恐×絶叫に日本震撼」という宣伝文句に期待して見るとディスク割りたくなる感じ。でも本編が悪いというよりもこの宣伝文句が悪い。だって方向性違うし。どちらかというと不安感をあおっていくタイプの映画である。忍び寄る恐怖みたいな。中身はありきたりだが、不安感をあおる演出は中々。そういったのが好きな人には良い映画かも。

★★★☆☆

ホラーと言うか、心霊もの的な怖さを期待して見ると、ちょっと、期待違いでした。これはこれでアリだけど、表紙からの想像するのとは、ちょっと違う、『未知との遭遇』系かな?と思ってみた方が、満足感が得れると思います。

作品の詳細

作品名:ダークスカイズ
原作名:Dark Skies
監督:スコット・スチュワート
脚本:スコット・スチュワート
公開:アメリカ 2013年2月22日、日本 2013年7月6日
上映時間:96分
制作国:アメリカ
製作費:350万ドル
興行収入:2700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. キング・オブ・バイオレンス

  2. ハネムーン

  3. らせん階段

  4. ロードキラー

  5. アフターデイズ・ボディ 彼女がゾンビと化した世界

  6. フライトナイト

PAGE TOP