アクション

ワイルド・スピード/ジェットブレイク

空をブチ抜け

飛行機、列車、戦車、潜水艦…そして今度は“空”だ!

ストーリー:ドミニク(ヴィン・ディーゼル)はレティ(ミシェル・ロドリゲス)と幼い息子のブライアンの3人で静かに暮らしていたが、ある日仲間のピンチの知らせを聞く。ローマン(タイリース・ギブソン)ら“ファミリー”と合流したドミニクは、現場で世界中のコンピュータ・システムを操る装置を見つけるが、突如襲撃者が現れ、装置を奪っていったのはなんと弟のジェイコブ(ジョン・シナ)だった。凄腕の殺し屋で一流ドライバーであるジェイコブは、実は某国の独裁者組織の一員で、ドミニクたちは世界を震撼させる陰謀を止めるため動き出す。対立する兄と弟・・・明かされるドミニクの過去…果たしてファミリーの運命は?!

出演:ヴィン・ディーゼル、ヴィニー・ベネット、ミシェル・ロドリゲス、アズィア・ディネア・ヘイル、ジョーダナ・ブリュースター、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ナタリー・エマニュエル、アンナ・サワイ、ジョン・シナ、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレン、カート・ラッセル

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ なんでもありの娯楽大作

リアルを追求することを完全に放棄し、マーベルやDC等のスーパーヒーローもののシリーズとなった感じです。初期のファンからすると荒唐無稽のストーリーやなんでわざわざ車に乗らなきゃいけないの等のツッコミ満載なのでしょうが、あくまでもエンターテイメントとして何も考えずに遊園地でアトラクションを楽しむがごとく鑑賞すれば良い作品だと思います。

★★★★★ 映画の中では生き続けるポール・ウォーカー

なぜ?生きているんだ?と不思議に思うようなド派手でギリギリのカースタント。仲間たちとの友情、信頼。いつも楽しく鑑賞しています。まぁ映画予告でもご覧になった方も多くいると思いますがハンが生きていました。ワイルドスピードファンには大興奮ものですよね。ネタバレになるのでどうして生きていたのかは伏せておきます。TOKYO DRIFTの仲良し3人組も出てきます。シリーズ終盤に向けてもしかしたらジゼルも?と期待する自分がいます。ドウェイン・ジョンソンとも和解してホブスに出て欲しいですね。デッカード・ショウも前回取り逃がしたサイファーと決着して欲しいです。そして故ポール・ウォーカーはワイルドスピードの中ではブライアンとして今も生き続けています。次回作以降、必ず登場するだろうという演出をしています。スカイミッションのように弟さんたちとCGで私たちの前にきっと現れてくれると思います。ブライアンのあの笑顔に会いたいです。

★★★★☆ 楽しめたカーアクション(;゚Д゚)

ストーリーは・・・まぁ毎度のドタバタですが、痛快カーアクションはいつ見ても楽しめました。懐かしいメンバーも復帰して良かったです。次回作も期待します!( `ー’)ノ

★★★☆☆ ストーリー性に無理アリかと・・・

ちょっと無理あるストーリー性で、何だかなぁぁと言う気分になりました(・_・;。大好きなシリーズなだけに残念な気分になりました。

作品の詳細

作品名:ワイルド・スピード/ジェットブレイク
原作名:F9
監督:ジャスティン・リン
脚本:ダニエル・ケイシー
公開:韓国 2021年5月19日、日本 2021年8月6日
上映時間:145分
制作国:アメリカ
製作費:2億ドル
興行収入:7億2600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ジャッジ・ドレッド

  2. サイボーグ2

  3. ナショナル・トレジャー

  4. スパイアニマル・Gフォース

  5. ハドソン・ホーク

  6. ミッション:インポッシブル フォールアウト

PAGE TOP