アクション

アウトランダー

戦場と化した地球人、類存亡をかけた壮絶な戦いが始まる!

ストーリー:遥かなる銀河の惑星から飛び立った宇宙船が、時空を超えて8世紀の地球に墜落した。乗組員ケイナン(ジム・カヴィーゼル)がバイキングの一族に捕らわれるなか、船内に潜んでいた“殺戮生命体”が次々と人間を襲い始める。王を救ったことで信頼を得たケイナンは、一族の勇者たちを率いて、戦場と化した地球で人類存亡をかけた壮絶な戦いに挑む!

出演:ジム・カヴィーゼル、ソフィア・マイルズ、ジャック・ヒューストン、ジョン・ハート、クリフ・サンダース、ロン・パールマン、エイダン・ディヴァイン、ベイリー・モーハン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 骨のある大作!

ケイナン(主人公)役の俳優さんにド嵌りの大作で、見応え十二分でした。映像も迫力満点で凄いです。脚本も良かった。そして、結末にも納得です。

★★★★★ 想像以上なので満点!。

男なら萌え要素満載です。予想できる伏線で、なおかつそう来るか!という展開です。胸熱がすごいんだよな~。

★★★★☆ 私好みのフレイア

フレイアが魅力的でしたね。逆にジョコビッチ似のケイナンは魅力を感じませんでした。もっと表情豊かな方が魅力的だ。何度も見たのは映像がよくできているのとフレイアが魅力的だから。ウルフリックは普通なら三角関係パターンだが彼はフレイアよりもケイナンに魅力を感じたんだろう。そういう関係にはならなかった。ストーリーはどうってことないな。それを補って余りある映像美とフレイアの美貌だな。

★★★☆☆ 色々と惜しい・・・

宇宙モンスターvs.バイキングという設定は面白いと思う。弓矢や斧や剣といった原始的な武器で未知の狂暴な宇宙生命体と闘うというのが、アメリカのアクションゲーム的なノリで◎。ただ、北欧のバイキングの筈なのに、皆、体の線が細すぎる。屈強な戦士に見えるのはロン・パールマンぐらい。地球に不時着したハイテクに生きる宇宙人の主人公が、現地のワイルドに生きるバイキング達よりも逞しい体してるって、どうなのよ?で、宇宙人だけど、身体能力は地球人と同じって…。そして、ヒロインに全く華がないのが物凄く萎える。近所の安いスナックのママみたいなカンジ。宇宙モンスターも、巨体の割には動きが軽すぎるので、迫力に欠ける。もっと重量感を表現して欲しかった。とにかく、ジム・カヴィーゼルやジョン・ハート、ロン・パールマンといった良い俳優を使っていながら、そして面白いプロットでありながらも、何かパッとしない仕上がりになってしまった勿体ない作品。

作品の詳細

作品名:アウトランダー
原作名:Outlander
監督:ハワード・マケイン
脚本:ダーク・ブラックマン
公開:ラトビア 2007年7月11日
上映時間:115分
制作国:アメリカ、イギリス、フランス、チェコ共和国
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]

  2. フライトゲーム

  3. キル・スピード

  4. アース・フォール JIU JITSU

  5. ランボー/最後の戦場

  6. ゲットバック

PAGE TOP