アクション

ワイルド・スピード/スーパーコンボ

世界各地を疾走!ワイスピ史上、最高のアクション!

ストーリー:ロサンゼルスで娘と暮らす追跡のプロで元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)と、ロンドンで優雅な生活を送る元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)。2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェントのハッティ(ヴァネッサ・カービー)を保護して欲しいという政府の協力要請が入る。ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる肉体改造を施された超人的な戦士ブリクストン(イドリス・エルバ)に急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという・・・。

キャスト:ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ヴァネッサ・カービー、イドリス・エルバ、ヘレン・ミレン、エイザ・ゴンザレス、エディ・マーサン、クリフ・カーティス、ケヴィン・ハート

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 「スピンオフ」←これ大事

視聴一回目の評価は正直「ワイルド・スピード」を期待しすぎたせいもあって映画としては面白かったけど、このスタイルでいくのはこれで最後にしてほしいなと思っていた。今回で見るのは二度目だが少し評価が変わったというのも、今回はシリーズ本編を見てからではなくだいぶ間をあけてこの作品単体で見てみた。そしたら思いの外面白くてこれはこれでいいんじゃないかと感じたからやっぱ先入観って大事なんだと思う。普通に黒幕との戦いを見たいし、ホブスとハッティのその後も見たいと思えたから今後も続いてほしい。

★★★★★ ここ1年ぐらいで一番

原題「Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw」ワイルドスピードのスピンオフ作品で『デッドプール2』や『ジョン・ウィック』のデヴィッド・リーチ監督なのでアクションは折り紙付き。ワイルド・スピードの8作目のICE BREAKの2年後の世界を描く。元アメリカ外交保安部(DSS)捜査官の全身筋肉の大男「ルーク・ホブス」。元イギリス軍特殊部隊員で元MI6エージェントの格闘、運転、潜入など超人的な技術を持つかつての最強の敵であった「デッカード・ショウ」の2人が手を組んだ?そこにショウの妹でMI6エージェントの「ハッティ・ショウ」(ヴァネッサ・カービーと言うクール美人の女優)が絡んでくる。そして最強の敵が現れた!果たして世界を救えるのか?ワイルドスピードのスピンオフであるが期待を裏切ってとても面白かった。深刻で湿っぽい話は抑えられていて快活でスッキリなストーリー。このシリーズの根幹であるファミリーを大切にするという点はブレがない。音楽もカッコよくて良い。また、男2人に勝るほどのヴァネッサ・カービーのアクションがスゴイ!

★★★★☆ ドウェイン・ジョンソンとかいう人間国宝

身長190センチで腕も50㎝を超える太さで更に、白人、黒人などの全ての人種に好まれやすいイケメンときた。私も当然彼のことが大好きだが、それ故に彼が引退した後に彼を超えるスペックを持つマッチョ俳優が現れないかもしれないという恐怖に常に駆られている。というかもしかしたら彼を超えるマッチョ俳優は当分現れないかもしれないと言っても過言ではない、まさに人間国宝。

★★★☆☆ そこそこ

少し不満。従来のワイルドスピードを期待していたので...。内容はそこそこだったので★3つに。ワイルドスピードのタイトルで釣っている感じが嫌い。別のタイトルなら観ていなかったと思います。でもあの二人が好きなので良しとします。

作品の詳細

作品名:ワイルド・スピード スーパーコンボ
原作名:Fast & Furious Presents:Hobbs & Shaw
監督:デヴィッド・リーチ
脚本:クリス・モーガン
公開:アメリカ 2019年8月2日
上映時間:135分
制作国:アメリカ
製作費:2億ドル
興行収入:7億5900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. スモーキン・エース

  2. グロリア

  3. ダークナイト

  4. レディ・ガイ

  5. フェイス/オフ

  6. ボーダーライン

PAGE TOP