スリラー

ハンターキラー 潜航せよ

世界の運命は、一隻の潜水艦に託された・・・

米国防総省×米海軍全面協力、『ワイルド・スピード』製作陣による潜水艦アクションの新境地!

ストーリー:ロシア近海で一隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長(ジェラルド・バトラー)率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。

キャスト:ジェラルド・バトラー、カーター・マッキンタイア 、ゲイリー・オールドマン、コモン、リンダ・カーデリーニ、トビー・スティーブンス、ゼイン・ホルツ、マイケル・トルッコ、ライアン・マクパートリン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 潜水艦物が好きな人は是非!

最近の映画は良くて1回見たら満足、悪くて途中で見るのを止めるといったレベルの映画が多く、何回も見たいと思える作品がありませんでした。そんな中、「ハンターキラー潜航せよ」は何回も見たくなる素晴らしい作品で、買って良かったです。潜水艦物が好きな人は是非見た方が良いのでオススメします。ちなみに、いろんな兵器が登場する為、ボリュームがあり潜水艦同士のバトル以外にも楽しめます。後、アメリカとロシアを描いたイギリス映画なので、いつもと違った視点で面白いですね。

★★★★★ 久々の超名作!買って損なし!

戦争映画や軍事ものが大好きです。『プライベート・ライアン』や『ホース・ソルジャー』、『ブラザーフッド』、『ブラック・ホークダウン』等々中でもあの『レッド・オクトーバーを追え』は素晴らしい名作ですが、それを超えたと言っても過言ではないです、間違いなく軍事ものの5本の指に入る作品ですし、潜水艦ものではナンバーワンですね。最初から最後まで見どころでハラハラドキドキの連続でした、つまらないシーンが無く中だるみも一切ない、とても素晴らしい名作です。主人公のアメリカ艦長は現場からの叩き上げで、勘も経験も最上級、敵のロシア潜水艦艦長にも敬意を払うことのできる人格者で本物の海の男って感じです、こんな人が会社の上司だったら私も会社へ命を捧げてもいいと思いました。艦長同士の男の友情にも感銘を受け清々しさを感じ観終わった後はしばらくこみ上げ感を堪能しておりました。また、この作品のリアリティーの拘りも観ていて面白いと思った要因の一つで、潜水艦が潜水する時の乗員たちの体の傾き、体を後ろに斜めにし垂直を保とうとするシーンは初めて見ました、面白かったです、あと特殊部隊が敵兵の喉を背後から突くシーンもリアルですね、ランボーなどの娯楽性の強い映画では敵兵の喉を背後から真一文字に横に切り裂きますが、実際は喉仏辺りを突くのです、その方が声も出ず確実に即死させる事ができるからです、細部まで拘り抜いた職人級の名作でづマニア受けは必至!とにかくハラハラドキドキ感が最初から最後まであり無駄なシーンの一切ない充実した名作中の名作と言えるでしょう、この様な名作は中々無いので軍事ものが好きな人は是非、買って損は無いですよ。

★★★★☆ 面白かった!

最近のハリウッド映画はヒーローものと殺し屋のものばかりでうんざりしていたとこにイギリス製潜水艦映画の登場。ただラストのバトルは少し物足りなかった。でも何度も見たくなる映画です。

★★★☆☆ 潜水艦映画が好きな方にはものたりないかも。

悪くは無いですが、『クリムゾンタイド』や『K19』、『レッドオクトーバーを追え』ををみた方々には物足りないと思われました。ただ米国の新しい潜水艦を見ることができて良かったです。

作品の詳細

作品名:ハンターキラー 潜航せよ
原作名:Hunter Killer
監督:ドノヴァン・マーシュ
脚本:アーン・シュミット
公開:アメリカ 2018年10月26日、日本 2019年4月12日
上映時間:122分
制作国:アメリカ
製作費:4000万ドル
興行収入:2900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. アナコンダ2

  2. サイン

  3. アイス・ジョーズ

  4. フラッシュバック

  5. シャドー・ダンサー

  6. ニック・オブ・タイム

PAGE TOP