スリラー

不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命

不良探偵ジャック・アイリッシュの活躍を描くサスペンス・アクション第三弾!!

ストーリー:やり手刑事事件専門の元弁護士ジャック・アイリッシュ(ガイ・ピアース)。クライアントだった男に妻を殺されたことで弁護士を辞め、定職に就かずにパートタイムで借金取り、行方不明人の捜査など探偵業をしながら、家具職人見習いとして日々を過ごしていた。ある日、元弁護士仲間のダミアンからロビー・コルバーンという男の調査依頼を受けたジャック。しかしロビーはすでに死んでいて、依頼主は義父のローダー判事からの依頼だったことが分かる。ローダー判事はジャックにロビーが所持していた“赤い本”を探し出して欲しいという依頼をするが、その本には巨大な警察の闇が関わっていた。謎に包まれた“赤い本”を巡り、命の危険に脅えながらもジャックは手がかりを掴む為、“デッドポイント”という灯台へ向かうが・・・。

キャスト:ガイ・ピアース、マルタ・デュッセルドープ、アーロン・ペダーセン、ロイ・ビリング、シェーン・ジェイコブソン、デボラ・メイルマン、ヴィンス・コロシモ、キャット・スチュワート、テス・ハウブリック

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 3作の中では1番かな

悪が少しは悪らしくなり、タフじゃないジャックが少しはタフになった。ハードボイルドでなく派手さもないのはこのシリーズの特徴だが、一番良かったと思う。2作目が凹んだからかもな。

★★★★★ 古い街のおじさんが素敵

ストーリーというよりも、描写であったり、事件に関係のない登場人物に味があって楽しかった。マーベルなどの勧善懲悪映画がヒットしている今、今は、こういう映画は大事!

★★★★☆  ヘタレ探偵

武器も持たず、ケンカも弱い、大した推理力があるわけでもないんびり探偵が、何故か凶悪犯が絡む事件を解決してしまう。これで2本目、前回と同様見ていてイライラすることしょっちゅうなのだが、どういう魅力か最後まで見続けてしまうね。彼を見守りたいみたいな心境かねぇ。事件とまるで関係のないノミ行為仲間、パブの3老人、がこれもどういう訳か映画を盛り上げて最高だ。

★★★☆☆ 私にはイマイチ!

絶体絶命というほどの緊迫感もなくて・・・主役にしては個性もなく普通すぎる。人柄は良さそうなので、最後までは観たが集中できない。

★☆☆☆☆ ???????

サスペンスの欠片もない、ストーリーに抑揚もなく頼りない主人公、映画にする必要ありますか?

作品の詳細

作品名:不良探偵ジャック・アイリッシュ 3度目の絶体絶命
原作名:Jack Irish: Dead Point
監督:ジェフリー・ウォーカー
脚本:マット・キャメロン
公開:オーストラリア 2014年4月13日
上映時間:83分
制作国:オーストラリア
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. 青い目の殺人鬼

  2. トゥモロー・ワールド

  3. バイオレンス・レイク

  4. ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

  5. インフェルノ

  6. ハッピー・デス・デイ 2U

PAGE TOP