サスペンス

ロンリー・ブラッド

ショーン・ペン、クリストファー・ウォーケン、2人の演技派俳優が壮絶な親子の戦いを演じる80年代の大ヒット作

ストーリー:高校を中退し、無気力な毎日を過ごすブラッドの前にある日突然顔も知らなかった実父が姿を現す。強盗の犯罪集団を牛耳る父親の期待に応えようとファミリーの一員となり罪を重ねるブラッド。しかし、父親の非道な行いにショックを受け、恋人テリーとともに父の元を去る決意をする。しかし、その矢先に盗みの罪で拘留され、その間にテリーは父に暴行されてしまう・・・。

キャスト:ショーン・ペン、クリストファー・ウォーケン、メアリー・スチュアート・マスターソン、クリストファー・ペン、ミリー・パーキンス、キャンディ・クラーク、クリスピン・グローヴァー、キーファー・サザーランド、デヴィッド・ストラザーン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ロンリー・ブラッド

私はこの時期のショーン・ペンが好きです。特にこの映画は彼の秀作の一つでもあります。かなりマッチョに体を鍛えていて、彼の本当の弟との共演作でもあります。その弟(本作でも弟役)に高い時給の稼ぎ方を教えているところが、なんとなく可愛いですよ。何度見ても新鮮味溢れる作品だと思います。そして、ラストのクリストファー・ウォーケンとのシーン。秀逸です。とても迫力があり、一番目が離せない場面です。サントラでもあるマドンナの”Live to tell”の曲がこの映画に悲哀感を与えてると思います。

★★★★★ ショーン・ペン最高!

話はかなり暗い感じですが、クリストファー・ウォーケンの演じる非情な父、ショーン・ペンの親の愛にうえた青年、演技派同士のぶつかり合いが堪能できます。メアリー・スティアート・マスターソンの清楚な少女役がとてもいい。

★★★★☆ しっかりしたドラマ

『プラトーン』が公開された1987年にこんな地味な作品が公開されたいたとは。知ってたけど。今から見ると脇役にデビット・ストラザーンやキファー・サザーランド、ショーンの弟の故クリストファー・ペンと豪華。物語も実話とあってグッと惹きつけられてしまった。お気に入りのメアリー・スチュアート・マスターソンも三日月のような顔で熱演。拾い物の一作。

★★★★☆ クリストファー・ウォーケン☆

クリストファー・ウォーケンがこれ程までに色気のある男優さんだとは知りませんでした。この頃の彼にお会いしたいと思えるほど、最近の役柄とは別人ですね。とにかく素敵です。作品も全くもって何の問題もなく、実話とは思えないほど切なく良いです。

作品の詳細

作品名:ロンリー・ブラッド
原作名:At Close Range
監督:ジェームズ・フォーリー
脚本:ニコラス・カザン
公開:アメリカ 1986年4月18日、日本 1987年7月20日
上映時間:115分
制作国:アメリカ
製作費:650万ドル
興行収入:230万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. テイキング・ライブス

  2. エグザム:ファイナルアンサー

  3. トレーニング デイ

  4. BODY/ボディ

  5. セルラー

  6. デーモンラヴァー

PAGE TOP