スリラー

アルゴ

CIA史上、最もありえない救出作戦・・・それは“ニセ映画”作戦だった

アカデミー賞®作品賞ほか、世界中で60以上のタイトルを受賞し、高い評価を獲得している“実話を基にした、CIAによる奇想天外な救出作戦を描く社会派サスペンス。

ストーリー:全世界を震撼させた、歴史に残る大事件が起きたのは、1979年11月。革命が吹き荒れるイランで、過激派がアメリカ大使館を襲撃、大使館員を人質にとる。彼らの要求は、悪政の限りを尽くしてアメリカに逃げた前国王の引き渡しだった。混乱のなか裏口から6人が脱出、カナダ大使の家に身を隠すが、見つかれば公開処刑は間違いない。絶望的な状況を打破するため、CIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデスが呼ばれた。トニーの“名案”は、ウソの映画を企画し、6人をロケハンに来た撮影スタッフに仕立て上げ、出国させるという作戦。特殊メイクの第一人者で、『猿の惑星』でアカデミー賞に輝いたジョン・チェンバースが協力、瞬く間にプロデューサーと脚本が用意され、SFファンタジー「アルゴ」の盛大な記者発表が行われた。イランどころかアメリカまでも欺き、タイムリミット72時間のハリウッド作戦が始まった! ところが──絶対にバレると反発する6人、脱出者がいることに気づくイラン、緊迫のなかCIAから作戦中止の命令が! 果たして6人の命の行方は・・・?

キャスト:ベン・アフレック、ブライアン・クランストン、アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、テイト・ドノヴァン、クレア・デュヴァル、スクート・マクネイリー、カイル・チャンドラー、クリス・メッシーナ、テイラー・シリング

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 期待を裏切らない一本でした。

始まってからあっという間という感じで久々に引き込まれた映画でした。

★★★★★ ベン・アフレック

アルマゲドンの時以来そんなにベンアフレックを気に留めていなかったけど、いつの間にかいい俳優兼監督になっていたことに感心しました。単なる男前俳優を脱しないだろうと思っていたけど、最近よく作品を見ることが増えて、それぞれ面白いので、今後も応援していこうと思います。

★★★★★ 史実をベースに、さらにドキドキの作品に。引き込まれる。

ドキドキした。1979年のイランアメリカ大使館人質事件で、群衆が大使館になだれ込む前に脱出しカナダ大使の私邸で匿われた6人がいた。しかし、いずれはばれる。捕まったらスパイ容疑で殺されるだろう。アメリカCIAが救出を図る。結局採用された方法は、なんと、映画製作を偽装すること。そのためにハリウッドで本物さながらの衣装作成やせりふ合わせも行われる。取材を受けて雑誌にも紹介記事を掲載させる。事務所も設ける。その上で一人のCIA職員が乗り込み、2日のうちに全員を空港から脱出させる。史実に基づいた映画ということだが、さすが映画だけあって、実際以上にハラハラドキドキさせる小技を利かせている。特に、空港で革命防衛隊員に止められ尋問を受けるときにはもうダメかと思わせる。また、翌日は空港へ行くという前日になってCIA本部から作戦中止を命令してくる。主人公は葛藤し苦しむが、結局命令を無視して、人質を連れて作戦を決行する。それが上司を動かし遂には大統領さえ動かし、ギリギリのタイミングで飛行機に乗ることを可能とする。また人質の中にもこんなバカげた作戦が成功するはずがないと言って、当初協力を拒むものがいる。その人質の説得にも成功し全員で作戦を遂行することになる。このような破綻要因をいくつも用意して、それを乗り越え作戦の成功が導かれたというストーリーのつくり方、上手いですね。また、組織の命令を無視して独断専行した職員を英雄として扱う価値観、日本ではありえないですね。ハリルホジッチ監督の解任で日本選手の国民性が云々されていることを思い起こしました。原題は「ARGO」。偽装映画の名前である。ハリウッドの偽装仲間と主人公の口癖は「ARGO ,fuck yourself !! 」となっていた。第85回アカデミー賞作品賞受賞。さすがに引き込まれました。

★★★★☆ 評判に違わず・・・

元々スパイものは好きなのですが、本作も楽しめました。スパイものといいつつ単なるアクションの多い中、スパイものの醍醐味が感じられました。ただ、実話ベースなのでちょっとこざっぱりしてるかな?

★★★★☆  ドキドキ

作戦が決行されてからは、一瞬も気が抜けなかった。捜査に追いつかれそうになるハラハラ感がたまらない。

★★★★☆ 現在のイランとアメリカの関係を感じるために見ました。

実話とのことで、アメリカならではの作戦の実行に驚きがある。アメリカ政府の柔軟さと個人の勝手な行動、運とノリでやってしまうところがアメリカの良さなのか悪さなのか?映画では描かれていないが、冷静に考えるとアメリカは自国の利益のために、他国を利用し過ぎだ。自分たちの利益のために正義を振りかざし、利権を得ようとしている。欲深い国だ。

★★★☆☆ 次はJFK暗殺の真実?

イランアメリカ大使館人質事件の情報公開を受けて制作されたもので、当時の写真と同じ構図のシーンが何点も出てくるし、エピローグで俳優と当時の本人たちの写真が並べて出て映し出されてきて面白かった。ハラハラドキドキの展開も面白かったが、ラストの空港で革命兵士たちが追いかけてくるシーンは演出とのこと。当時は「カナダの策謀」としてCIAやアメリカの関与は伏せられた。このため大統領選挙中のカーター氏にとってマイナスとなってしまったらしい。可哀そうに。2017年にはケネディ米大統領暗殺に関する機密文書を公開するように第45代大統領が指示したと報道されている。新しい内容があれば、きっと誰かが映画化するんだろうなあ。

★★★☆☆ 良い

もう少し、アメリカ映画界がとの関わり、アメリカ政府の危機感が脱出劇にリンクすると良かったな。

作品の詳細

作品名:アルゴ
原作名:ARGO
監督:ベン・アフレック
脚本:クリス・テリオ
原作:アントニオ・J・メンデス『The Master of Disguise
公開:アメリカ 2012年10月12日、日本 2012年10月26日
上映時間:120分
制作国:アメリカ
製作費:4400万ドル
興行収入:2億3200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. パージ:大統領令

  2. クライシス・オブ・アメリカ

  3. ハード・トゥ・ダイ

  4. ザ・アイデンティティー

  5. ドラキュラZERO

  6. レッド・スカイ

PAGE TOP