アクション

ローン・レンジャー

果たして、最後に世界を救うのは―正義か?復讐か?

ジョニー・デップと「パイレーツ・オブ・カリビアン」のスタッフが贈る最強のアクション・ムービー

ストーリー:少年時代のある忌まわしい事件のせいで、復讐に燃える戦士となった悪霊ハンターのトント(ジョニー・デップ)。彼は自らの悲願のために、不思議な白馬シルバーの導きと、自らの聖なる力によって瀕死の男、検事のジョン・リード(アーミー・ハマー)を甦らせる。レンジャー部隊の英雄である兄ダンを何者かに殺されたジョンは、兄の敵を探すためにトントと手を組むが、法に基づく正義の執行を求める彼と、復讐のために手段を選ばないトントとは、全くかみ合わないチームだった。だが、愛する者に再び魔の手が迫る時、ジョンは白馬シルバーを従え、マスクをつけた謎のヒーロー“ローン・レンジャー”として生きることを決意し、無敵の相棒トントと共に巨悪に立ち向かう。

キャスト:アーミー・ハマー、ジョニー・デップ、トム・ウィルキンソン、ルース・ウィルソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ウィリアム・フィクナー、ジェームズ・バッジ・デール、ジェームズ・フレイン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ カウボーイ映画のいいところ盛りだくさんで好きな映画です。

笑いあり、アクションありで凄くおもしろくて大好きな映画です。カウボーイ映画ってハ−ドボイルドで暗いイメージがあったけど、これは賑やかで良かった。

★★★★★ キモサベがアーミーハマーだった!

さすがディズニー、お金がかかってて最高の映画になってました。とにかくアーミー・ハマーがカッコいい!白馬に軽々と跨いで様になる!ジョニデもこれが1番好きかも。

★★★★★ 劇場で見たけどやっぱりジョニー・デップの出演作品は欲しい

アメリカ西部劇のような、アクション映画ですが、トント(ジョニー)のキャラクターが何ともいえずの奇妙ないでたち。ジョニーらしくて大興奮。一度は見るべき。

★★★★☆ アミハマさんが格好いい!

公開当時はジョニー・デップが主役のような宣伝方法でしたが主役はローン・レンジャーなのでアーミー・ハマーです。ローン・レンジャーの活躍というよりはビギニングってつけた方がいい感じの内容です。娯楽作として楽しめると思います。

★★★★☆  スピード感ありなかなかの傑作

本国アメリカでは元ネタとのギャップなどもあり大コケしたらしいが、なんの知識もなく見れる日本人には普通におもしろい娯楽作です。音楽もいい!

★★★☆☆  2回みないと解りません

1回では内容が分かりにくいです。2回目で解り、3回目でほほぉ〜と感じました。

★★★☆☆ 何か物足りないのが残念

ハラハラドキドキ感がないんですよね。手に汗握る緊迫感がないんですよね。全てが平均点で物足りない。アーミー・ハマーがカッコいいのが唯一の救いです。

作品の詳細

作品名:ローン・レンジャー
原作名:The Lone Ranger
監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本:ジャスティン・ヘイス
公開:アメリカ 2013年7月3日、日本 2013年8月2日
上映時間:149分
制作国:アメリカ
製作費:2億2000万ドル
興行収入:2億6000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. ゲット スマート

  2. シャンハイ・ナイト

  3. マックス・ペイン

  4. バイオハザード・ザ・ファイナル

  5. チャーリーズ・エンジェル

  6. バッドボーイズ2バッド

PAGE TOP