ラブ・コメディ

ウェディング・クラッシャーズ

2005年全米で興行収入2億ドルを突破し、年間ランキング第6位を記録したスーパー・ラブコメディ!

ストーリー:共に離婚仲裁人として働くジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ヴォーン)はビジネスパートナーであり、私生活でも無二の親友同士。 そんな2人の趣味は”結婚式荒らし”。身分を偽り他人の結婚式に紛れ込んでは、言葉巧みに女性たちを口説き、”お持ち帰り”してしまうのだった。そんなある日、2人は財務長官の娘の結婚式に忍び込む。そして、それぞれクレア(レイチェル・マクアダムス)とグロリア(アイラ・フィッシャー)という長官の娘たちに狙いを定めるが、今回ばかりは勝手が違ったのか、ジェレミーはグロリアから逆にしつこくつきまとわれるハメとなり、一方のジョンは、あろうことかクレアに本気になってしまい・・・。

出演:オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン、レイチェル・マクアダムス、クリストファー・ウォーケン、アイラ・フィッシャー、ジェーン・シーモア、エレン・アルベルティーニ・ダウ、ブラッドリー・クーパー、レベッカ・デモーネイ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 声に出して笑う

コメディにもいろいろ種類があるけど、ウエディング・クラッシャーズは笑いに関してはトップクラスだと思います。オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ボーンのコンビは本当に最高でした。あまり、日本では知られていないけどアメリカでは年間ランキング6位!!にまでなっている。久しぶりに声に出して笑ってしまった映画です。是非多くの人に見て欲しいです。

★★★★☆ 日本ではさっぱり売れないフラットパックのコメディだが、2005年の全米ランキングでは第6位

呼ばれてもいない披露宴に堂々と忍び込み、飲んで騒いで楽しんで、最後には女の子をお持ち帰り──主人公はそんな“結婚式荒らし”が趣味の悪友コンビ。女の子だけが目的じゃない、二人はパーティが大好きで、人を楽しませるのが大好きなのだ。ある大物政治家の娘の結婚式に潜入した二人は、いつものように珍騒動を巻き起こすが・・・。日本ではさっぱり売れないフラットパックのコメディだが、2005年の全米ランキングでは第6位と、超大作が並ぶ中で大健闘。高慢な政治家一家の壊れっぷりも痛快で、これは日本人にも十分楽しい。毎回適当な経歴をでっち上げては周囲にとけ込み、人々を魅了してしまう主人公二人の社交スキルの高さには感嘆。見習いたい。

作品の詳細

作品名:ウェディング・クラッシャーズ
原作名:Wedding Crashers
監督:デヴィッド・ドブキン
脚本:スティーブ・フェイバー
公開:アメリカ 2005年7月15日、日本 劇場未公開
上映時間:119分
制作国:アメリカ
製作費:4000万ドル
興行収入:2億8500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 冒険してもいいコロ!

  2. 四角い恋愛関係

  3. 恋愛だけじゃダメかしら?

  4. 素晴らしき日

  5. 男と女の大人可愛い恋愛法則

  6. クライ・ベイビー

PAGE TOP