アクション

300 〈スリーハンドレッド〉 〜帝国の進撃〜

壮絶な流血戦の舞台は、大海原へ!

300〈スリーハンドレッド〉の激闘は終わってはいない

前作で死闘を繰り広げたのは、最強国家スパルタの300人の兵士たち。 その“誇り高き魂”を継いだ屈指のギリシャ戦士たちが、全土を集結させて立ちあがる! !対して、征服をもくろみ大軍勢で押し寄せるペルシア侵略軍。率いるのは残忍極まりない女性指揮官アルテミシア、そして人間から神の化身へ生まれ変わったクセルクセス王!屈強な筋肉ソルジャーVS比類なき残虐女戦士。ぶつかりあう闘志、憎悪、歪んだ愛。母なる海を真っ赤に染める凄惨な復讐戦の行方はいかに!?

キャスト:サリバン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン、レナ・ヘディ、ハンス・マシソン、カラン・マルヴェイ、デビッド・ウェナム、ロドリゴ・サントロ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★  別物。

1作目とはカメラワークなどを踏襲してますが、別物と見てたほうが楽しめると思います。映像はさすが、そして歴史物として世界史を高校でやった方は楽しめるのではないでしょうか。あとはアルテミス役のエヴァ・グリーンが美しい。ほんとに美しい。『007カジノ・ロワイヤル』で大好きになりましたが、お色気のエヴァもいい!多少エヴァの加点もあります(笑)

★★★★★ これぞ戦い

かなりの殺しあい、迫力がありますねお金はかなりかかってるんでしょけどとてもいい映画でした。

★★★★★ 女大将に惚れました

敵の女大将 可愛すぎ。 お色気バトルは本当に必見です。あんな激しいプレイ見たことありません。憧れます。手下に立候補致します。

★★★★☆  前作よりは面白みに欠ける

前作の『300』を観てから是非観てもらいたい。今作だけでも楽しめる要素はあるが、前作見てないとよくわからない描写が少なからずあります。基本的に、残虐シーン(手や腕、足や首、頭が切り飛ばされる)が多いので低年齢にはおススメできなさそうです。前作だと、スパルタで鍛えに鍛えられた戦士が、レオニダス王の目論見通り、死に場所を求めて黙々と絶望的な戦いに臨む感じでしたが、今作はスパルタ戦士がメインではないです。ただやはり、戦闘経験がないはずのスパルタ王妃が最前線で剣を振るったりする終盤は違和感があります。映画的には好みなので高評価(星4)を付けましたが、ツッコミどころは満載の映画です。

★★★★☆ エヴァ・グリーンが妖艶

二刀流で戦うエヴァがカッコイイ。悪役がピッタリマッチしていた。見終わるとエヴァが主役的な印象でした。主役が引き立たない完成度でしたが、エヴァがかっこよかったので、星4つ。

★★★☆☆ 一作目の勝ちか・・・

好みが分かれると思いますが一作目の方がシンプルに、そしてインパクトがあった様に感じます。個人的にはストーリーを凝り過ぎて面白みに欠けた様に思います。

★★☆☆☆ 映画の出来としては悪くはないが

海戦シーンの描写や、希望と絶望の間を行ったり来たりするストーリーは悪くない出来だと思います。不必要なシーンも散見されましたが、許容できない範囲ではありませんでした。ただこれを『300』の続編ととると評価がガタ落ちします。300のタイトルからスパルタの活躍を思い起こさせますが、スパルタがほとんど出てきません。最後の最後にちょろっと出てくるだけです。いつ出てくるのかとワクワクしながら見ていた分肩透かしを食らった、というのが正直なところです。

作品の詳細

作品名:300 〈スリーハンドレッド〉〜帝国の進撃〜
原作名:300: Rise of an Empire
監督:ノーム・ムーロ
脚本:ザック・スナイダー
公開:アメリカ 2014年3月7日、日本 2014年6月20日
上映時間:102分
制作国:アメリカ
製作費:1億1000万ドル
興行収入:3億3700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. トランジット

  2. マイティ・ソー

  3. バニシングin60″

  4. スパイアニマル・Gフォース

  5. ボーン・アルティメイタム

  6. ナショナル・トレジャー

PAGE TOP