ドラマ

ダメージ

禁断の愛、人生の破滅―究極の背徳を描いた衝撃作

ストーリー:英国下院議員のフレミング(ジェレミー・アイアンズ)は、政治家として、また家庭人としても完全な人生を送っていた。ある日、フランス大使館で催された式典に出席した彼は、そこで息子の恋人アンナ(ジュリエット・ビノシュ)に引き合わされる。その瞬間、ふたりは運命的に惹かれ合い恋に落ちた。破滅へと向かうかのように情事に溺れてゆくふたり。やがてフレミングはすべてを失ってもなお、アンナを愛し続ける・・・。

出演:ジェレミー・アイアンズ、ジュリエット・ビノシュ、ミランダ・リチャードソン、ルパート・グレイヴス、イアン・バネン、ピーター・ストーメア、ジュリアン・フェロウズ、レスリー・キャロン、デヴィッド・シューリス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 彼女のいない人生なんて考えられないほど、愛してしまった場合

ジェレミー・アイアンズが演じる政治家スティーブンの破滅ぶりがすごい。そして破滅してもなお、アナ(ジュリエット・ビノシュが演じています)を追い求める彼を見ていて、今まで周囲の期待に応えるためだけに淡々と生きてきた男を、これほどまでに激しく恋に溺れさせてしまうアナという女は心底恐ろしいと思いました。このアナという女性のすごさは映画よりも原作で細かに描写されていますので、映画をご覧になって興味をもたれた方は、是非原作を読まれる事をおすすめします。

★★★★★ 巨匠ルイ・マルが究極の背徳を描いたエロティック・サスペンス。

ヌーベル・ヴァーグを代表する監督、ルイ・マルが究極の背徳を描いたエロティック・サスペンス。1992年の公開当時にはリアルなセックスシーンが話題となった。公開から20年、衝撃作『ダメージ』のHDリマスター版がDVD&ブルーレイ化された。人気を誇るジュリエット・ピノシュが魔性の女を、息子の婚約者である彼女との情事に溺れていく男をジェレミー・アイアンズが演じている。これはBlu-rayがお薦めでしょう!映像は非常に良い。

★★★★★ おすすめです

始めて見たときは衝撃的でした。主演二人のSEXシーン。そして禁断の世界。あれから20年?もう一度見たい作品として心に残っていたので購入しました。ジェレミー・アイアンズ、ほんっとmr.破滅愛!なんて素敵なんでしょう。愛のために身を滅ぼす・・・似合いすぎ。それだけ演技が上手なのでしょうね。若い頃見たときは気がついてなかったジェレミーの表情や仕草にドキドキします。そして当時ドキドキしていたSEXの場面はなんだかなぁ・・・体操みたいに思えてエロスをかんじなかった。ストーリーは、失うものが多すぎる!こんなこと、あってはならん!!と思うのだけど、惹きつけられる作品なのです。私の中でジェレミー破滅愛3部作の中の一つがこの作品。Blu-rayで購入できて嬉しいです。

★★★☆☆ あまりにも哀しい

登場人物誰の身になって考えても哀しい映画。最初にジェレミーとジュリエットが関係を持つシーンに全く会話がなかったことが印象的。欲求を満たすということと愛するということは同じではないと私は思う。一時的に禁断のフェロモンに惑わされて深みにはまり、奈落の底に落ちて行く男の様はあまりにも哀しい。やっぱり私は女性の立場からジュリエットにものすごく怒りを覚えた作品でした。

作品の詳細

作品名:ダメージ
原作名:Damage
監督:ルイ・マル
脚本:デヴィッド・ヘア
公開:フランス 1992年12月9日、日本 1993年4月10日
上映時間:111分
制作国:イギリス、フランス
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ジャック&ローズのバラード

  2. ファミリー・マン ある父の決断

  3. サーティーン あの頃欲しかった愛のこと

  4. ウッドストックがやってくる!

  5. 希望のちから

  6. 酔いどれ詩人になるまえに

PAGE TOP