ホラー

ハロウィンH20

シリーズ第1作目の『ハロウィン』で、スクリーム・クイーンとして脚光を浴びたジェイミー・リー・カーティスがヒロインに復活!

ストーリー:  ハロウィンの夜に起こった大量殺人事件から20年。殺人鬼マイケル・マイヤーズの妹・ローリー(ジェイミー・リー・カーティス)は名前を隠してカリフォルニアに住んでいた。今では私立高校の厳格な校長であり、ジョン(ジョシュ・ハートネット)という息子もいる。しかし、ジョンが17歳の誕生日を迎えた時、マイケルは再び帰ってきた。伝説の「ブギーマン」となって・・・。

出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジョシュ・ハートネット、アダム・アーキン、LL・クール・J、ミシェル・ウィリアムズ、ジャネット・リー、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ナンシー・スティーヴンス、リサ・ゲイ・ハミルトン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ハロウィン面白い

ハロウィンシリーズとても面白いです。この続編もあるみたいなので購入したいと思います。

★★★★★ ついに発売(*^^*)

ロウィンシリーズはすべて見ました(*^^*)

やっぱりハロウィンは最高ですね(((o(*゚▽゚*)o)))

レザレクションと一緒に見てほしいです(*^^*)

一作目を思わせる演出が最高ですね(((o(*゚▽゚*)o)))

★★★★☆ そんなに怖くはないですが。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットのファンなのでみましたが、1作目のハロウィンへのオマージュとして非常に面白い作品だと思いました。なにより絶叫クイーン親子出演、ジェイミー・リー・カーティスとジャネット・リーが並んでいるのがなにやら楽しいのです。母が娘に、「よいハロウィンを!」などと声をかけ、『サイコ』の車に乗って去っていく(笑)本作では、1995年の第6作後、ルーミス医師を演じていたドナルド・プレザンスが亡くなったため、医師もまた死亡したことになっていますが、やはり1作目と同じ女優さんが演じる看護婦マリオンが冒頭に登場、その事件で近所の若者達として登場するのが若きジョセフ・ゴードン・レヴィット。どんな役柄であれ、やはり惚れ惚れと眺めてしまうのがファンなのですねえ(笑)シリーズをずっと追いかけてきた『ハロウィン』ファンの方のほうが楽しめる内容、でしょうけれど、1作目と本作しかみていない私でも充分理解できます。特典映像にはカーペンター監督もちらりと登場。旧作や本作についてのコメントをなさっています。

★★★☆☆ ローリーがカムバックしても何か物足りない・・・

ジョン・カーペンター監督作品の続編を二匹目の泥鰌スラッシャー『13日の金曜日』シリーズのスティーヴ・マイナー監督によるシリーズ第7作。1998年公開の本作より2年前『ハロウィン』に端を切った80年代スラッシャー映画のオマージュ「スクリーム」のヒットを受けて、いみじくも元祖の続編が『スクリーム』の二匹目の泥鰌として復活した(?)のは嬉しくもあり、悲しくもあり。『ハロウィン4』~『6』まで死だことになっていたジェイミー・リー・カーティスのローリー・ストロースがカムバック。(できればドナルド・プレザンスと共演が欲しかったが、間に合わなかったのが残念。)カムバックは嬉しい反面、生きていて馬鹿息子までいるという新しい設定は前作までの母親は死んだと思い込んでいたジェイミーの苦労と悲劇はなんだったんだ?と思うと不憫な感じも・・・。どういう経緯かわからないままに名門私立高校の校長に就任しているローリーがハロウィンの深夜に20年ぶりにマイケルに襲われる物語。時代の要求か作りは『スクリーム』な雰囲気だったが、『スクリーム』みたいな変化球ではなく、直球のスラッシャーもので作ってあったところは好感が持てる・・・けど、なんかノリ切れないのは結局ローリーのトラウマにイマイチ、シンパシーを感じないせいだろうか?音楽についてはジョン・オットーマンとマルコ・ベルトラーミがさんざん逡巡してオリジナリティを出そうと右往左往したがものにならず、結局ラストのハロウィン・テーマはジョン・カーペンターの元祖『ハロウィン』のサントラ盤CDを使用したというエピソードが悲しい。こんなことなら最初から昔ながらのべたべたのシンセでがんがん押してほしかった。ジェイミー・リー・カーティスの母親のジャネット・リーが「サイコ」自動車でカメオ出演・・・すっかりノーマン・ベイツの母親そっくりになってしまったのが怖い・・・。

★☆☆☆☆ んんん…

正直言ってつまんなかった。マイケル・マイヤーズ自身に昔のあの荘厳な雰囲気がない。現代風に撮られているから当たり前かもしれないが、飄々とした殺人マシーンではなくなってしまっている。殺しもどっかで見た事あるようなものばかりで目新しいものはない。この映画の見所はローリーがマイケルと決着をつける部分なんだろうがこれもなんかテンション低い感じにまとまっている。どうせなら、もっともっとハイテンションでやってほしかったな。残念。

作品の詳細

作品名:ハロウィンH20
原作名:Halloween H20: 20 Years Later
監督:スティーヴ・マイナー
脚本:ロバート・ザッピア、マット・グリーンバーグ
公開:アメリカ 1998年8月5日、日本 2002年5月11日
上映時間:86分
制作国:アメリカ
製作費:1700万ドル
興行収入:5500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ニュー・ミュータント

  2. エイリアンVSプレデター

  3. ネイバー 美しき変態隣人

  4. 怪物 モンスター

  5. ゲスト

  6. モンスター・パーティー

PAGE TOP