ドラマ

プライベート・ウォー

最も危険な戦場から命をかけて真実を伝え続けるジャーナリスト

ストーリー:英国サンデー・タイムズ紙の戦争特派員として活躍するアメリカ人ジャーナリスト、メリー・コルヴィン(ロザムンド・パイク)。2001年、ジャーナリスト入国禁止を無視してスリランカのバンニ地域に乗り込んだ彼女は、銃撃戦に巻き込まれて被弾。左目の視力を失ったメリーだったが、スリランカでの取材を評価され優秀外国人記者に輝いた「英国プレス賞」受賞式に印象的な黒い眼帯を付けて現れる。以降、黒い眼帯は彼女のトレードマークとなった。“生きる伝説”と称えられ、戦場記者を天職と考えるメリー。最前線での体験はPTSD(心的外傷後ストレス障害)として彼女に襲い掛かるが、世間の人々の関心を世界の紛争地帯に向けさせたいという彼女の想いは、さらに強まっていく。2012年、シリア。過酷な状況で包囲されている28,000人の市民の現状を伝えるため、報道カメラマンのポール・コンロイ(ジェイミー・ドーナン)とともにホムス入りしていたメリー。砲弾の音が鳴り響く中、チャンネル4・BBC・CNNの英国公共放送全局が同時ライブ中継を行うという、彼女の記者人生において、もっとも危険で過酷なレポートが始まった・・・。

キャスト:ロザムンド・パイク、ジェイミー・ドーナン、スタンリー・トゥッチ、トム・ホランダー、コーリイ・ジョンソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 男ながら、感動した。

もし自分が、女性だったらこういう女性になりたい。いい映画だと思う。アメリカの友人のveteranもいいと言っていた。ふと、コロナに立ち向かう医療従事者たちのことを思った。頑張ろう。平和のために。

★★★★★ 戦場は最悪だ

地獄のような戦場に見ていてうんざりする(良い意味で)戦争映画は割と勝者や敗者を描こうとするが、本作は戦争に巻き込まれた被害者にスポットを当てる主人公の生き様に感動する❗️

★★★★☆ 命をかけた真実の追求。

日本では考えられない。現在でも世界の一部では悲惨な戦争が起こっており、それを伝えようとするジャーナリストが存在することの尊さを改めて感じました。

★★★★☆ 戦場ジャーナリストの一面を知る

小生は、手放しでこのヒロイン?を賛美する気にはなれませんが、戦場ジャーナリストの実態を多少なりとも知ることができました。

★★★☆☆ 戦場のリアル。彼女だけが悲劇ではない。

戦場報道では危険は付き物なのは当たり前。だからこそ存在意義はあるし、悲惨さを世界に伝えることが出来る。当然企業があれば社員は指示に従わなければならないし、金銭が絡むのは当たり前であり、利益がなければ慈善事業ではない。本作は主人公の女性がPTSDや仕事との葛藤に悩みながらも現場の声を危険をおかしながら伝える内容だが、実在していたストーリーなだけに男女関係のシーンや常にアルコール、常に煙草を吸うことも省くわけにはいかなかったのだろう。あったことをスルーしてしまえば彼女を知る人物らからリアリティーがないと批判されるだろうから難しいところだが、やはり言い方は悪いが精神的に不安定だから男に走ったり酒煙草も凄かったのだろう。現実逃避したいが出来ない葛藤が見えた。映画として観るには、既に知りうる内容や戦場は危険なのは当然だし現地の犠牲もわかる。目新しい新鮮さに欠けていたので、観終わって、そうか、そうなんだな。といった感想しかなかったのが残念。

作品の詳細

作品名:プライベート・ウォー
原作名:A Private War
監督:マシュー・ハイネマン
脚本:アラッシュ・アメル
公開:アメリカ 2018年11月2日、日本 2019年9月13日
上映時間:110分
制作国:アメリカ
興行収入:380万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. 狼たちの午後

  2. ミランダ

  3. エレン・ターナン 〜ディケンズに愛された女〜

  4. 訴訟

  5. ステップ・アップ3

  6. アクロス・ザ・ユニバース

PAGE TOP