ドラマ

サンキュー、ボーイズ

よいことも、悪いことも、みんな私の幸せの素

オー・マイ・ガッドな20年を駆け抜けて、夢をかなえたビバリーのトゥルー・ストーリー!

ストーリー:15歳で妊娠、結婚、出産!ニューヨークの大学へ行って、作家になるはずだったのに!それでもビバリーは諦めない。人は良くてもだらしない夫と反抗的な息子にもめげず、辛いことも悪いこともすべてを幸せに変える持ち前のユーモアとパワーで突き進む。だがそんなある日、ビバリー(ドリュー・バリモア)は夫からとんで、もない告白をされる・・・。

出演:ドリュー・バリモア、ミカ・ブーレム、スティーヴ・ザーン、ジェームズ・ウッズ、ロレイン・ブラッコ、マギー・ギレンホール、ローガン・ラーマン、アダム・ガルシア、ブリタニー・マーフィ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ マーシャル監督の素晴らしい作品

何度観ても飽きない。心温まる作品です。セットで公営住宅街を作ったのも60年代~70年代を表現する強いこだわりを感じます。

★★★★★ 溶け込む映画

自分にとって心地のいい映画でした。何気なくみた映画でしたが、映画の中にすんなりと入り込み、母親役のドリューからいろんな意味で力をもらいました。こういう映画が自分にとって、一番明日もがんばろうと思わせてくれます。不器用ながらも家族みんなが心を支えあっている。作り手のそんな暖かい思いがしっかりと残り、その後も何度か見てしまいました。小さな息子の小さな反抗心からちょっとした事件がおこり、大事な友達との関係が変化してしまうのですが、その時にドリューがみせる演技が私にとっては大きな魅力です。なにかと煩雑な日常を送っていると、こういう映画の中の力ある俳優達に支えられたりします。感謝感謝です。

★★★★☆ 家族っていいなとしみじみ思った。

実話を基にして書かれた話だけに、リアリティーがあり、心に響くものがあった。確かに、15歳で妊娠して、結婚、子育て、だらしない夫というのは恐ろしく大変なものだと思ったが、それでも家族っていいなとしみじみ思った。

作品の詳細

作品名:サンキュー、ボーイズ
原作名:RIDING IN CARS WITH BOYS
監督:ペニー・マーシャル
脚本:モーガン・アプトン・ウォード
公開:アメリカ 2001年10月19日
上映時間:132分
制作国:アメリカ
製作費:4700万ドル
興行収入:2900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ミセス・ハリスの犯罪

  2. フロントランナー

  3. ブルワース

  4. アイ・ソー・ザ・ライト

  5. 疑惑のチャンピオン

  6. 彼女が目覚めるその日まで

PAGE TOP