ラブ・コメディ

Dr.Tと女たち

職場でも家庭でも女たちに囲まれたハンサムな産婦人科医の奮闘を通して“男と女”の関係を描いたコメディ

ストーリー:Dr.Tことトラヴィス(リチャード・ギア)は、お産から更年期障害までをフォローする頼りになる産婦人科医。彼のクリニックは有閑マダムたちであふれかえり、娘や義理の妹にまで頼りにされている。今の生活に十分満足している彼だが、妻のケイト(ファラ・フォーセット)が精神状態がおかしくなり始め、その原因が自分に愛されすぎたためと知ったトラヴィスの心が揺れ始める・・・。

出演:リチャード・ギア、ヘレン・ハント、ファラ・フォーセット、ローラ・ダーン、シェリー・ロング、ケイト・ハドソン、リヴ・タイラー、タラ・リード、ロバート・ヘイズ、マット・マーロイ、アンディー・リクター、リー・グラント

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 生まれながらの産科医の物語。

色々問題を抱えたイケメン産科医の女性遍歴の物語じゃない。怒涛(どとう)のラストまでゴチャゴチャしてあんまりおもしろくないけど、2時間近くのそれは、全部問題のラストになだれこむ為の溜(た)めなんで、我慢して観続ける事がおすすめ。その先には、余りにも意表を突いた馬鹿らしくも爽快(そうかい)ですっきりするラストが待っている!

★★★★★ ギア様ならではの役どころを楽しむ映画。

もてるギア様以外に、出てくる男は両手の指にもみたないくらい少ない・・・女性一色の映画。女同士のやり取りも、産婦人科が舞台というなんともブラックユーモアな雰囲気もなかなかだけれど、私は男同士で狩りにでて、ぶちぶちと語り合うシーンが好き。この役をギア様以外の役者がやったら、違和感あったろうけれど、ギア様だからすっと観られたかなぁま、なんともおかしな映画。鼻で笑いながら、それでもぐんぐん引き込まれていく映画です。

★★☆☆☆ ギアさまファンのための映画??

今までイイ顔してたけど、もう女性はウンザリなんだ・・・。そんな感じのラストシーンがどうも好きになれませんでした。この映画、誰かのファンでないとちょっと観るのはつらいかも? 似たような女性がたくさん出るので、物語も分かりにくいのです。取り留めのない群像劇で、私には合わない映画で残念でした。

作品の詳細

作品名:Dr.Tと女たち
原作名:Dr. T and the Women
監督:ロバート・アルトマン
脚本:アン・ラップ
公開:アメリカ 2000年10月13日、日本 2001年12月29日
上映時間:122分
制作国:アメリカ
製作費:2300万ドル
興行収入:2200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. シンデレラ・ストーリー

  2. ふたりのパラダイス

  3. 遠距離恋愛 彼女の決断

  4. きみといた2日間

  5. アイドルとデートする方法

  6. 2日間で上手に彼女にナル方法

PAGE TOP