スリラー

LOOPER/ルーパー

任務:未来から来る犯罪者を消せ、標的:30年後の自分

ストーリー:近未来・・・タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが利用していた。彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。“ルーパー”と呼ばれる暗殺者の元へ・・・。凄腕ルーパー、ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の元に、ターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。だが、送られてきたのは“30年後の自分(ブルース・ウィリス)”。引き金を引くことを躊躇ったジョーの不意をつき、未来から来た“自分”は街へと消えていく。「奴を殺さなければ、自分が消される! 」必死に追跡する現代のジョー。ようやく未来の“自分”を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。男が過去にまで来て変えようとしているものとは?謎多き未来の独裁者“レインメーカー”とは一体・・・。

出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント、ポール・ダノ、ノア・セガン、パイパー・ペラーボ、ジェフ・ダニエルズ、ピアース・ガニォン、シュイ・チン、トレイシー・トムズ、フランク・ブレナン、ギャレット・ディラハント

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ タイムループ系の映画の中で

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から始まった「過去に戻って自分をやり直したい」と言う概念が基本のタイムループ系の映画の中では最新のアイディアで作られた作品だと感じました。心理の奥の奥を顧みるような作品は見ていて興味深いですね。私的には形而上学的な衝動の結果と因果関係を描写する映画には心惹かれるものがあります。ブルース・ウィリスのキャラは期待通りで「諦めず強く優しい」・・・。

★★★★★ 色々言われてるけど面白かった。

何年か前に1回だけ見てて、久しぶりに見返してみたら・・・普通に面白いじゃないか!確かに超能力の設定が必要だったかと言われれば答えられませんが、自分は特に気になりませんでした。ラストは予想はついたものの、個人的に凄く好きなものだったので満足。ありきたりな感想ですが、主人公が格好良かった。

★★★☆☆ エミリー・ブラントが見れただけでいいや

設定は面白味があるが破綻してるので、どうしても見ていてスッキリしない。そもそもルーパーの必要性がわからない。未来の人間を過去に送り込めるのならわざわざ殺し屋を育てて仕事させなくても部下を送り込んで殺させればいいのではないか。話の軸である未来の自分と過去の自分の戦いもいまいち盛り上がれなかった。それは設定のあやふやさが原因の一つではないかと思うので、何も考えないで見てた方が楽しめるのかも。

作品の詳細

作品名:LOOPER/ルーパー
原作名:Looper
監督:ライアン・ジョンソン
脚本:ライアン・ジョンソン
公開:アメリカ 2012年9月28日、日本 2013年1月12日
上映時間:119分
制作国:アメリカ、中国
製作費:3000万ドル
興行収入:1億7600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. パワー・ゲーム

  2. インソムニア

  3. ゲッタウェイ

  4. ピアッシング

  5. マシニスト

  6. ナイロビの蜂

PAGE TOP