スリラー

ミス・メドウズ

正義は私が決める

悪魔なのか?天使なのか?

ストーリー:ある街に1人で暮らしながら、小学校の教師を務めるメドウズ(ケイティ・ホームズ)という女性。フワッとしたロングヘアを揺らし、花柄のワンピースを身にまとい、読書をしながら歩く姿は“可憐で可愛らしい彼女。かと思えばタップシューズで街を歩き、小鳥のさえずりにも笑顔で答える。少し変わり者にも見える彼女にも恋が訪れた。地元の保安官とメドウズは出会い、恋に落ちる。メドウズには、そんな彼にもひた隠しにしなくてはならない“秘密”があった。幼い頃のいまわしい過去を消し去るべく、“ある事”で自分の周りにいる子供達を守っていた。保安官はメドウズの複雑な生き方を知る事になる。そこにはダークなメドウズの姿が・・・。最近では穏やかに見えるこの街でも銃を使った殺人事件が横行していた。なぜか被害者は頭のイカれた男ばかり? それでも警察としては犯人を見つけ出さなければならず、頭を抱えていた・・・。メドウズは悪魔の様なただの殺人鬼か。 はたまた天使の如く、街の平和を守ろうと言う事なのか。 メドウズの目的は?

キャスト:ケイティ・ホームズ、ジェームズ・バッジ・デール、カラン・マルヴェイ、エバ・コルカー、スティーブン・ビショップ、グレアム・ベッケル、ジーン・スマート、メアリー・ケイ・プレイス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 悪魔と天使

たまたまケイティ・ホームズの映画を見つけたので見てみると、今までのサスペンス映画と違って新しいサスペンス映画を見た感じで良かった。現代の隠れた社会問題を取り上げたストーリーでした。

★★★★★ スカッとする。

序盤に車に乗った男に不快なナンパをされ車に乗るように銃で脅されます。主人公はすかさず射殺・・・ここでかなりスカッとしました。あのまま脅されて車に乗ったらレイプされるのは間違いなかったですし正当防衛でしょう。銃がなくとも車で追いかけられた恐怖体験があるので、同じ事ができればさぞスカッとするだろうな・・・と。彼女のしている事は法律的には正しくありません。ただし、射殺対象は性犯罪者と大量殺人者ですから、悪いか?と言われると正直悪いとは言えません。他者に心身を傷つけられる恐怖を感じた事のある人なら彼女に共感できるでしょう。

★★★★★  異色のサスペンス

冒頭。可愛らしいワンピースで軽快に歩いていたヒロイン「ミス・メドウズ」が、悪漢をいきなり射殺!驚きです!ミス・メドウズは明るく、思慮深く、美しい女性。小学校に臨時職員として着任しました。問題児たちを見事にまとめる素敵な先生。その魅力は、駐車違反を注意しに来た保安官にひと目惚れされるほど。ご近所づきあいも良好。そんな完璧な女性のバッグに、なぜいつも小型の銃が入っているのでしょう?保安官の質問をわざとはぐらかすのはなぜ?ミス・メドウズと電話で話す彼女の母の言葉は、普通の母親の言葉とは思えません。話が後半に進むにつれて徐々に謎が明かされていきます。最後は予想を裏切る衝撃のラスト。普通のサスペンスを見飽きた方におすすめの作品です!

★★★★☆  悪党が役に立つ方法は?

なかなか面白かった。テンポもいい。悪党が更生することはほとんど皆無。しかし、ムショが満杯で釈放ってなんだよ?って感じだったな・・・ラストのあっけなさが物足りない感もあったけど、まっいいか的で逆に爽やか。そして、悪党退治は続くのであった。(もしかすると彼女の母親は妄想?彼女の心の葛藤が創り出したもの?)

★☆☆☆☆ 吹替え最悪

吹替が最悪すぎて観てられない。感情なし、棒読み、最悪、観ないほうがいい。星ゼロでもいい。

作品の詳細

作品名:ミス・メドウズ 〜悪魔なのか? 天使なのか?〜
原作名:Miss Meadows
監督:カレン・リー・ホプキンス
脚本:カレン・リー・ホプキンス
公開:アメリカ  2014年4月21日、日本 劇場未公開
上映時間:88分
制作国:アメリカ
製作費:300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天SHOWTIME(動画配信)

関連作品

  1. ドニー・ダーコ2

  2. アンロック 陰謀のコード

  3. クアドロフォニア-多重人格殺人-

  4. フライト・デスティネーション

  5. フィラデルフィア エクスペリメント

  6. コロニー5

PAGE TOP