コメディー

なんだかおかしな物語

まったく思いもよらない場所で、心の拠り所を見つけるティーンの物語を描いた、元気の出るコメディ

ストーリー:自分の頭の中は、自分で思っているほど狂っているわけじゃない場合もある。ストレスで押し潰されそうに感じている、ティーンのクレイグ(キーア・ギルクリスト)の場合が、まったくそれだった。少し世間から休養を取ろうと、クレイグは精神クリックに自ら入院する。そこで彼は、想像もしない助言者(ザック・ガリフィアナキス)と、芽生えそうな恋の相手ノエル(エマ・ロバーツ)、そして再出発の方法を見つけるのだった・・・。

キャスト:キーア・ギルクリスト、エマ・ロバーツ、ザック・ガリフィアナキス、ヴィオラ・デイヴィス、ゾーイ・クラヴィッツ、ローレン・グレアム、ジェレミー・デイビス、ジム・ガフィガン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ 目線が優しい、上質な作品。

丁寧に人間を描いている、繊細で優しい目線で作られている作品。誰の為の人生でもない、自分の人生をきっと見つけて行けるだろう、という清々しい余韻が心地よい。ノーマルとストレンジの境は最早限りなく揺れ動き、どちらがどちらか、見方で変わるような不確かな時代に、疲れたら見るといいかも。音楽の使い方もセンスが良くて満足。

★★★★☆  誰でも共感できる物語。

精神科病棟が舞台ですが、誰でも共感できる物語です。主人公の周囲に対する劣等感などは10代の若者ならだれでも経験はあるのではないでしょうか。エマ・ロバーツさんがキュートで可愛らしい。正に美少女。主人公の青年は『イット・フォローズ』というホラー映画でも主演されています。自殺願望がある人が多く出てくるのですが、優しく描写されていて映像も美しい。

★★☆☆☆ 最後までさっぱりわからず

自殺願望を持った少年が精神科に五日間入院するコメディーなのだが、最後まで何が何だかさっぱりわからなかった。死にたい理由がまるっきり大したことのないもので、入院する羽目になったら帰りたいと言い出し、入院後は自殺願望が顔を出すこともない。なんのための治療なのだろう? ときどき出る冗談もつまらないし、主人公にもまわりのキャラクターにも魅力がない。私はエマ・ロバーツ目当てで見たのだが、見所は彼女くらいしかないのに出番が少ない。ただ主人公の最後のナレーションから、あえてこのように作ったというのはわかった。ただ私にはその意図が読めなかったので、なんとも理解しようがないのである。

作品の詳細

作品名:なんだかおかしな物語
原作名:It’s Kind of a Funny Story
監督:ライアン・フレック、アンナ・ボーデン
脚本:ライアン・フレック、アンナ・ボーデン
公開:アメリカ 2010年10月8日、日本 劇場未公開
上映時間:101分
制作国:アメリカ
製作費:800万ドル
興行収入:600万ドル
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ハングオーバー・ゲーム

  2. マーダー・オブ・キャット

  3. ブロンズ! 私の銅メダル人生

  4. 無ケーカクの命中男/ノックトアップ

  5. ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

  6. 原始のマン

PAGE TOP