ホラー

ザ・ライト -エクソシストの真実-

ひとりの青年がエクソシストになるまでを追う衝撃作!

エクソシストとは、バチカン公認の正式な職業である。バチカンにはエクソシスト養成講座が存在し、そこで学んだ者たちが、悪魔祓いの儀式を遂行する。中世ではなく、まさに今、21世紀の話だ。実際にイタリアでは、悪魔祓いを必要とする人々が急増し、エクソシストが不足したために、広く募集した時期もあったという。そして2010 年11 月、市民からの高まる要求応え、カトリック司教たちが召集された。その要求とは、“悪魔祓い”―その時のある司教の「戦いに備えよ」という呼びかけが、ニューヨークタイムズの紙面を飾り、アメリカの人々を驚かせた。

ストーリー:信仰を見失ったアメリカの神学生マイケル(コリン・オドナヒュー)。卒業を間近に控えたマイケルは、司祭になる道を捨てようとしていたが、恩師に引き止められてローマに渡り、バチカンのエクソシスト養成講座を受け始める。やがてマイケルは、異端だが“一流のエクソシスト”だと讃えられるルーカス神父(アンソニー・ホプキンス)の悪魔祓いを手伝うことになる。16歳の少女の儀式に立ち会ったマイケルは、悪魔の存在を疑う。だが、マイケルを待ち受けていたのは、疑惑を完璧に打ち砕くような、数々の恐るべき出来事だった・・・。

出演:アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、キーラン・ハインズ、トビー・ジョーンズ、ルトガー・ハウアー、マルタ・ガスティーニ、マリア・グラツィア・クチノッタ、クリス・マークエット

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 良い作品だと思います

恐怖感をあおるわけでもなくこのような現実があるんだと伝えてくれる優れた作品だと思います。

★★★★★ 単純なホラーではない

怖がらせるだけのホラーではなくしっかりとした枠組みがありますしパーフェクトじゃないでしょうか。ホラーとか関係なく映画としてかなり完成度が高いです。俳優陣も名優が揃っていますし、ぜひ観ていただきたい作品です。

★★★★☆ 期待せずに観ましたが面白かった

よくある悪魔祓いモノかと思って期待せずに観始めましたが、これが意外に面白く最後まで楽しめました!個人的に悪魔モノは全く怖くないので、ホラーとして観ていなかったのが良かったのかもしれません?信仰に懐疑的な青年が師を得て信仰に目覚める様子は、青年の成長物語として王道であると共に結構見ごたえがありました!とにかく主人公の青年が悪魔祓いに懐疑的なのがいいですね!視聴者も疑っている所に主人公が現実的にツッコんでくれるので、そうそうそれそれと感情移入してしまいますし、疑ってばかりもいられなくなった時に主人公と同じ様に戸惑ってしまいます。怖さを求める方には物足りないかもしれませんが、苦手な方にはむしろソフトでいいかと思います。興味がある方はぜひ観てみてください!

★★★☆☆ 信じるものは救われる?

真面目に善良に生きていても、熱心に神様に祈りを捧げていても、人生に不幸は必ず起きるものです。そんな時に、信仰心が足りていないとか、神様からの試練だとか言われても、心が弱っている状態の当事者からすれば、神様を疑ったり、信じられなくなってしまうのは自然の流れではないでしょうか。主人公も、とあることがきっかけで神様を信じられなくなったと思われる描写があります。その主人公が神父や悪魔祓いなどと関わることで、神様の存在について、どう向き合っていくのかが、ホラー風に描かれています。果たして信じる者は救われるのか、宗教について少し考えさせられる内容です。

作品の詳細

作品名:ザ・ライト -エクソシストの真実-
原作名:The Rite
監督:ミカエル・ハフストローム
脚本:マイケル・ペトローニ
公開:アメリカ 2011年1月28日、日本 2011年4月9日
上映時間:114分
制作国:アメリカ
製作費:3700万ドル
興行収入:9600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. グースバンプス モンスターと秘密の書

  2. シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ

  3. アルタード・ステーツ/未知への挑戦

  4. 13日の金曜日 完結編

  5. ラスト・エクソシズム

  6. マニアック

PAGE TOP