ホラー

ワン・ミス・コール

留守電に断末魔。それは、私の声。あの『着信アリ』がハリウッドで恐ろしい突然変異を遂げた!!

ストーリー:心理学専攻の女子大生ベス・レイモンド(シャニン・ソサモン)は、数日のあいだに二人の友人の怪死を目撃する。一方、妹の変死をきっかけにその謎を探るジャック・アンドリュース刑事(エドワード・バーンズ)は、やがてベスと出会う。死んだ彼らに共通した事実、それは、死の数日前に携帯電話に着信を受け、留守電に残された自らの断末魔を聞いていたことだ。そして同じ叫び声をあげて死んでいった。やっと手がかりをつかんだ彼らだが、まもなくベス自身が“死の予告=呪いの着信”を受けてしまう・・・。

出演:シャニン・ソサモン、エドワード・バーンズ、アナ・クラウディア・タランコン、ジョニー・ルイス、アズラ・スカイ、ミーガン・グッド、レイ・ワイズ、ジェイソン・ベギー、デーブ・スペクター、マーガレット・チョー、アリエル・ウィンター、ローラ・ハリング

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ なかなか楽しめた。

日本版も観ましたがこれはこれでおもしろい。顔の奇怪な造形やショッキングシーンは、日本映画では出来ない事をやってのけている。全編、音量で驚かす映画ですがそれも素直に堪能しました。真摯な作り方に共感。

★★★☆☆ 及第点!

悪くはないです。悪くはないんですがガツンと来るものは今一歩かなぁ。ハラハラドキドキ感は希薄ですね。おどろおどろしいゾンビみたいな映像はショボクて笑えました。キャストでは『カタコンベ』でも好演したシャニン・ソサモンさんが主役で頑張ってます。なかなか気に入りました(笑)あとは、何故か出演のデーブ・スペクターさん。ほんのちょい役です。ギャグでしょうか。

★★☆☆☆ ジャケ写の顔、ユーチューブで見たような・・・

原作が良いので期待したが、リメイクが成功した例に入るかは微妙。日本版のほうが確実にいいと思う。『SAW』以降、『デッド・サイレンス』然り、白い仮面みたいなものは流行りか?収穫は”着信アリ”は、英訳すると”ワンミスコール”になるとわかったくらいか。

作品の詳細

作品名:ワン・ミス・コール
原作名:One Missed Call
監督:エリック・ヴァレット
脚本:アンドリュー・クラヴァン
公開:アメリカ 2008年1月4日、日本 2008年7月19日
上映時間:88分
制作国:アメリカ
製作費:2000万ドル
興行収入:4500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

  2. サイコハウス 血を誘う家

  3. スピーシーズ 種の起源

  4. ザ・ダークプレイス 覗かれる女

  5. ゴースト・オブ・マーズ

  6. 死霊のはらわた

PAGE TOP