アニメ

ファインディング・ドリー

【会いたい気持ち】が奇跡を起こす! !

ストーリー:あの「ファインディング・ニモ」の旅から1年後。カクレクマノミのニモとマーリン親子の大切な友達、忘れんぼうのドリーが突然思い出した家族の記憶-“カリフォルニア州モロ・ベイの宝石”。「今度は僕がドリーを助けるよ」、ニモやマーリンたちに支えられて、ドリーがたどり着いたのは海の生き物たちにとって禁断の《人間の世界》だった…。そこで、ドリーは7本足のタコのハンクや泳ぎが苦手なジンベイザメのデスティニー、自分に自信がないシロイルカのベイリーなど、個性豊かな新しい仲間たちと出会う。ドリーのパパやママは一体どこに・・・。

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 開始10秒で泣いた

開始10秒で泣いた映画。子どもの障害を理解していて、その中でその子が生きていくための教育をするドリー両親がその10秒の短いシーンでずどんと入ってきてもう駄目だった。ドリー両親の教育方針が素晴らしすぎる。理解がまだ難しい無邪気な子どもドリーがする教えられたままの自己紹介の意味が深くてそのギャップで死ぬ。開幕それなのであとはもう完全に親目線でドリーを応援してました。

★★★★☆ 4歳の姪っ子と一緒に見ました

4歳の姪っ子がニモを知っていて気に入っていたので、遊びに来た時に一緒に観ました。喜んで観ていましたが、4歳にはまだところどころ内容がわからないのかたまに飽きて違うことをしていましたが、おおむね観てました。大人の私にはとっても可愛らしい作品でよかったです。

★★★★☆ タコが有能すぎる

最初の方は、赤ちゃんのころからとにかく忘れまくるドリー。今話したばかりのことも数秒後に忘れるドリー。小さいドリーの将来を悲観してしまうほどでした。両親はどこ?私を助けて!と手あたり次第に周りの魚に声をかけても無視されまくるドリーを見ていて可哀そすぎて、胸が痛くなりそうでした。しかし、ふとした拍子にぶわっと色々と思い出し、ニモたちだったりタコだったりジンベエザメだったりシロイルカなど、仲間がとても協力してくれ両親が残してくれた壮大な目印のおかげで出会えた時の感動!あのシーンは涙失くしては見れませんでした。ニモファンなら必見です。

作品の詳細

作品名:ファインディング・ドリー
原作名:Finding Dory
監督:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン
公開:アメリカ 2016年6月17日、日本 2016年7月16日
上映時間:97分
制作国:アメリカ
製作費:1億7500万ドル
興行収入:10億2900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. トロールズ みんなのハッピーホリデー!

  2. キム・ポッシブル / タイムトラベル

  3. カンフー・パンダ

  4. コアラ・キッド

  5. アメリカ物語

  6. アメリカ物語2 ファイベル西へ行く

PAGE TOP