アクション

メイズ・ランナー: 最期の迷宮

最期の迷路(メイズ)を攻略せよ!

秘密組織WCKDの本当の目的とは!? 人類滅亡の危機を救う“治療法”とは? すべての謎が明らかに!

ストーリー:トーマス(ディラン・オブライエン)たちは、WCKDに捕らわれたミンホ(キー・ホン・リー)を助けるため、彼が乗った列車を急襲。しかし、そこにはミンホの姿はなかった。隔離地域である都市(シティ)に運ばれたミンホは、WCKDの施設で実験対象となっていた。そこで働くテレサ(カヤ・スコデラリオ)もフレア・ウイルスの抗体の開発のため、ミンホを実験台にしようとしていた。そんな中、トーマスはミンホを救うため、仲間のニュート(トーマス・ブロディ=サングスター)やブレンダ(ローサ・サラザール)とともにWCKD本部へ潜入することを決断するが・・・。果たしてトーマスは、“最期の迷路<メイズ>”を攻略し、仲間と未来を取り戻すことができるのか・・・。

出演:ディラン・オブライエン、カヤ・スコデラリオ、トーマス・ブロディ=サングスター、デクスター・ダーデン、ナタリー・エマニュエル、ジャンカルロ・エスポジート、エイダン・ギレン、ウォルトン・ゴギンズ、キー・ホン・リー、ジェイコブ・ロフランド、キャサリン・マクナマラ、ローサ・サラザール、パトリシア・クラークソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 満足しました

メイズにこだわりがある方には残念な展開だったかもしれませんが、迷路ばかりで3部作だと、さすがに飽きると思うので、1.迷路→2.砂漠→3.都市 と舞台を変えて、かえって良かったと思います。『ウォーキングデッド』は、時として人は生き残るために、他者を裏切ることがあるという現実を突きつけてくるので、見てると気分が悪くなるのですが、本作は、仲間を大事にし、どんな時も見捨てないので、心温まる作品でした。

★★★★★ アクション、SF、ゾンビ、三つ巴の楽しさ。

3部作の完結編。第1部、第2部ともに、Endingが流れ出すと直ぐに次が見たくなるストーリー仕立てでした。この第3部をみることで全体のストーリーが掴め、漸く満たされた気持ちになります。実際、第2部までは映画館で見たことがあり第3部の存在を忘れていたのですが、無料プライム映画で第1部を見て、続けざまに、有料の第2部、第3部を鑑賞してしまいました。私のなかでは『ロード・オブ・ザ・キング』、『マトリックス』以来の5スターな連続ストーリもののムービです。

★★★★☆ メイズは…?

1作目が個人的には一番好きだけど、その次に面白かったかなぁ。2作目よりは力を入れてる気がしました。ただ、もはやメイズではないけれど(笑)

★★★☆☆ 予想の範囲内でした。

第1作が大変面白かったので期待していたのですが、回を追うごとに話が狭くなっていき残念でした。ゾンビの要素は全く要らないと思いました。普通の感染症で十分ストーリーとして成り立つと思います。またエンディングも荒廃した地球の再生など示されず全く解決になっていないので納得できません。画像は大変きれいでした。

作品の詳細

作品名:メイズ・ランナー: 最期の迷宮
原作名:Maze Runner: The Death Cure
監督:ウェス・ボール
脚本:T・S・ノーリン
公開:アメリカ 2018年1月26日、日本 2018年6月15日
上映時間:142分
制作国:アメリカ
製作費:6200万ドル
興行収入:2億8800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. マキシマム・リスク

  2. グロリア

  3. オブリビオン

  4. イントルーダー 怒りの翼

  5. ターミネーター4

  6. 007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

PAGE TOP