アクション

ダーク・タワー

タワーを守る最後の戦士 vs タワーを崩壊に導く者、そのタワーが破壊される時、世界は終わる

スティーヴン・キング原作、善対悪の死闘を描いたアクション大作

ストーリー:ニューヨーク。少年ジェイクは毎夜同じ夢にうなされていた。“巨大なタワー”“拳銃使いの戦士”そして“魔術を操る黒衣の男”・・・ある日、ジェイクは現実世界と夢で見た≪中間世界≫と呼ばれる異界が時空を超えて繋がっている場所を発見する。中間世界に導かれたジェイクは、そこで拳銃使い<ガンスリンガー>に出会う。彼は2つの世界のバランスを保つ塔=ダークタワーを守る最後の戦士であり、タワーの破壊を目論む<黒衣の男>を倒すため旅を続けていた。一方、ジェイクが特殊な能力を秘めた存在であることに気づいた黒衣の男は、その強大なパワーを求め、ジェイクたちの前に立ちはだかる。いま、ガンスリンガーと黒衣の男が相まみえる! !

キャスト:イドリス・エルバ、マシュー・マコノヒー、トム・テイラー、クローディア・キム、フラン・クランツ、アビー・リー、ジャッキー・アール・ヘイリー、キャサリン・ウィニック、デニス・ヘイスバート、ニコラス・ポーリング

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ イドリス・エルバが最高!

塔を守る最後のガンスリンガー役を、イドリス・エルバが演じていますが、聖剣エクスカリバーから造ったリボルバー銃を二挺使いこなすんですが、これがまたカッコいいんです!ガンアクション物が好きな人には、堪らない映画だと思います。特に、リローデッドの速さは必見です!映画館で観てきたのですが、ビデオでも持って置きたくて購入しました。ストーリーに関しては、原作通りじゃないと仰る方もいるようですが、一本の映画に纏めるためには、仕方ないような気もします。余談ですが、イドリス・エルバが使っている銃に近い物(アップルクラフトワークス製)を購入しました(#^.^#)また、ワイルドスピード・スーパーコンボに、悪のスーパーマン役としてイドリス・エルバが出演するという事なので、観に行く予定です!

★★★★☆ ダークタワー

ちょっとオカルト的な部分もありましたが、とても面白く見させて頂きました。

★★★★☆ クールなガンアクション

原作を全く読んでなかったので自分はそこそこ楽しめた。原作読んでいたら色々不満だったんだろうなあ とは思う(汗。ダークタワーとは結局なんなのか?平和の象徴なのか?攻撃うけるとなぜ魔物がでるのか?悪役はダークタワーを倒し世界征服を企んでいたのか?等。約90分の映画では描ききれていないのが残念。ただアーサー王の末裔ガンスリンガーが塔を守る宿命があるのはわかったし 説明不足でもタワーを倒す悪 守る正義という図式は簡単でわかりやすいから子供でも楽しめると思う 細かい事考えずみればけっして悪くない…とにかくガンアクションがカッコイイし爽快感がある。自分の一番の不満点はあれだけ強かったボスが最後あっけなくやられた事 当然まだ生きてると思ったし続くと思いきやあっさりスタッフロールが流れた時は「おわりかい!」と突っ込んでしまった 銃の使い方を少年が教わった意味なし とどめはここは少年でしょ!この映画は3時間くらいになっても もっと背景を丁寧に描きラストの戦いももっと長くスリリングにしたら名作になったのではと個人的に思う。

★★★☆☆ 娯楽映画と思えば腹も立たない❗

俗に言う悪の暗黒のエージェントと正義のガンマンそれにエージェントに母親を殺された少年との戦い。何も考えずに娯楽と思って見れば、腹も立たない❗悪のエージェントは、物凄いパワーがあるのにもかかわらず、最後はガンマンに頭を撃ち抜かれて死んでしまう。何だかなー❕まぁ、娯楽だから‼️

作品の詳細

作品名:ダークタワー
原作名:The Dark Tower
監督:ニコライ・アーセル
脚本:アキヴァ・ゴールズマン
原作:スティーヴン・キング『The Dark Tower』
公開:アメリカ 2017年8月4日、日本 2018年1月27日
上映時間:95分
制作国:アメリカ
製作費:6000万ドル
興行収入:1億1300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ストリートファイター

  2. アース・フォール JIU JITSU

  3. プリースト

  4. ダーティハリー

  5. アクアマン

  6. バンテージ・ポイント

PAGE TOP