ドラマ

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

ひとりの男、狂いゆく女たち

1人の男にかき乱される美女たちの愛憎劇!  女性の暗部をあぶり出した極上のスリラー!

ストーリー:1864年。美しい鳥のさえずりが響くバージニア州の森には、遠くから絶え間なく大砲の音が聞こえ、3年目に突入した南北戦争が暗い影を落としていた。キノコ狩りをしていた女子寄宿学園に通うエイミー(ウーナ・ローレンス)は、傷を負った北軍兵士マクバニー(コリン・ファレル)を発見。手当をするため学園へ連れ帰ることに。マーサ・ファーンズワース女子学園は、園長のマーサ(ニコール・キッドマン)、教師のエドウィナ(キルスティン・ダンスト)、そして家に帰ることができない事情を抱えたエイミーをはじめ、アリシア(エル・ファニング)、ジェーン(アンガーリー・ライス)、エミリー(エマ・ハワード)、マリー(アディソン・リーケ)の5人の生徒が暮らしていた。招かざる敵兵の出現にはじめこそ戸惑うものの、キリスト教の教えに従い回復するまで面倒を見ることに。男子禁制の学園で暮らしていた乙女たちはマクバニーに興味津々。早熟なアリシアは思わせぶりな視線を投げかけ、エドウィナはブローチをつけて秘かにおしゃれをし、まだ幼いマリーも負けじとエドウィナの真珠のイヤリングをつけて着飾る始末。園長のマーサはそんな彼女たちをたしなめるものの、手当をするために久しぶりに触れた生身の男性の身体に、彼女自身も胸の高鳴りを抑えきれずにいた。手厚い看病を受けるマクバニーは、誠実な態度で信頼を勝ち取り、7人全員から好意的に受け入れられるまでに。ただし、誰にでも愛想を振りまき、女性たちが自分に虜になることを楽しむかのような態度は、秩序を保ってきた集団の歯車を次第に狂わせていく。脚の傷が回復したマクバニーを囲み夕食会を開いた7人は、目一杯のおしゃれをして音楽やダンスを楽しみ、戦時中とは思えないほど優雅で幸せなひとときを過ごす。ただし、うわべでは美しい言葉使いを貫きながらも、周囲を出し抜こうと会話にチクリと棘を忍ばせ、競うようにマクバニーを求める嫉妬と欲情は最高潮に。その晩起きたある出来事によって、危うい均衡を保ってきた愛憎劇は予想もつかない展開に。秩序を守るのか、欲望を取るのか、果たして7人の下す決断とは。そして、女性たちの獰猛な本能を誘発してしまったマクバニーの運命とは・・・。

出演:ニコール・キッドマン、コリン・ファレル、キルスティン・ダンスト、エル・ファニング、ウーナ・ローレンス、アンガーリー・ライス、アディソン・リーケ、エマ・ハワード

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 失敗した愛の物語。

主役はキルスティン・ダンスト演じるエドウィナだと思っている。空虚な日々を送る彼女が見た、束の間の光。ラストの絶望的な目が忘れられない。これほどに美しい作品でさえ、今ひとつの評判で驚いた。ソフィア・コッポラは未だ過小評価されていると感じる。

★★★★☆ 引き込まれる女子的世界

2017年のソフィア・コッポラ監督作品。1864年、南北戦争のさなか。森の中にひっそりと佇む児童養護施設のような女子学園が舞台。女の園に、敵兵とはいえ男性が出現。表向きは怪我の看病だけど、妙におめかししたりと、実はワクワクしている女たちの姿が面白い。ちょっと競い合ったりもする・・・。年齢に関わらず、女の中にある女子的世界! ソフィア・コッポラ的!そして女子的な高揚感は、暗転するのも早く、やっぱりぞっとするような展開・・・ちょっと『ヴァージン・スーサイズ』を彷彿とさせます。90分ちょっとのコンパクトな作品ですが、引き込まれました。あと、独特の色彩、といっていいのかな・・・鬱蒼と茂った庭に射す陽射しも淡く、宿舎内も照明を落としている中、教師・生徒合わせた7人のベージュのような、白っぽいドレスが浮かび上がり・・・映像全体が暗いのですが、意図しての色調なのでしょう、美しいです。

★★★★☆ 賢くて慎ましいはずの女性たちが、本能を刺激される事によって狂気に陥っていく怖さ

女の本性や愚かさのようなものが非常にきめ細やかに描かれている映画だと思います。登場人物それぞれの心と感情の変化を追う話なので、派手さは全くありませんが、そこがまたなんだかじわじわと怖かった。「いわゆる2枚目」じゃないけど、朴訥な仕草の中にも男の色気を感じさせることのできるコリン・ファレルは、まさにジョンにぴったりだと思いました。彼の登場によって異様な盛り上がりを見せはじめる女性たちの中で、戦場という過酷な場から逃げのびたばかりのジョンが、戸惑いながらもなんとか必死に自分の居場所を確保しようとしている様子など、とてもうまく演じていると思います。ニコール・キッドマンも、本当の意味で賢い芯の強い女性を演じることが多いですが、自分や周りの認めたくない感情に振り回されるうちに、段々と判断力を失ってい女性を上手く演じていました。時代的にも、当時女性の置かれていた立場を考えると、こういう「賢く見えるが、正しい位置からものが見えていない女性」は多かったんだろうなと思います。子役も皆お芝居が上手でしたし、見た目の雰囲気も役柄にとてもよくマッチしていました。映像も、女性たちの服装や仕草も美しかったですし、蝋燭を灯した薄暗い室内の映像も、時代を感じさせてくれてよかったと思います。女たちの関心事は「男」で、男の関心事は「まず生き延びる事」にあり、その完全なすれ違いが狂気のきっかけになっていると思いました。一人の男を巡って、女たちは一方的にいがみ合ったり結託したりします。そういう変わり身の速さって、男性には理解できないところなのではないでしょうか。監督にとっても演じる役者にとっても、なかなか難しい映画だと思いますが、私は非常によくできていると思います。

★★★☆☆ ある意味ホラー

これは、『ミザリー』に通じるものがあると思いました。ただ『ミザリー』に比べてあっさりと終わりすぎなので、もう少し右往左往あってもよかったような気がします。(途中でエンディングは予想できてしまったし)映画のムード感は好きでした。

★☆☆☆☆ 期待外れ

上映している時見に行こうか迷っていて、結局見に行けず、アマプラで見つけたから見て見たものの・・・。予告では映像がはっきり見えているのに、昔の味を出すためか知りませんが、基本的映像が暗く顔が見えない様。名の知れていない女優でいいんじゃないかレベルで映像が暗すぎて見えない。1時間経って物語の本編がやっと展開し始めた。遅すぎる。話の展開が遅いものはつまらないという私の中のジンクスが的中しました。男が女を取っ替え引っ替えするような話ですが、まだ行為も始まっていない段階でバレて揉め事になるって・・・甘い話ですね。盛り上げに欠けますね。男が女達を口説き、思いのまま操り、時間が経つにつれ女達が気づき始め、復讐として女同士で協力し、男を貶めるような話を期待してたのに・・・。予想とは大外れ。男女関係のいざこざを知らず、世間知らずな人が作ったような作品ですね。あと、どこが欲望のめざめかまったくわかりません。

作品の詳細

作品名:The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ
原作名:The Beguiled
監督:ソフィア・コッポラ
脚本:ソフィア・コッポラ
原作:トーマス・カリナン『The Beguiled
公開:アメリカ 2017年6月23日、日本 2018年2月23日
上映時間:94分
制作国:アメリカ
製作費:1000万ドル
興行収入:2700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. SONNY ソニー

  2. UKギャングスター イギリスで最も恐れられた男

  3. 戦場からのラブレター

  4. グレイスランド

  5. チリ33人 希望の軌跡

  6. アンタッチャブル

PAGE TOP