ドラマ

英雄の証明

シェイクスピア × アクション

シェイクスピア最後の悲劇『コリオレイナス』をレイフ・ファインズ、ジェラルド・バトラーほか豪華キャストで完全映画化。戦うことでしか生きられない男たちの、魂を揺さぶる戦争アクションの傑作が誕生!

ストーリー:ローマ侵略を狙う敵国のリーダー・オーフィディアス(ジェラルド・バトラー)は愛する国民のため、幾度となく戦いを繰り返していた。しかし、ローマの独裁者コリオレイナス(レイフ・ファインズ)を打ち負かせずにいた。数々の武勲により、着実に権力をつけていくコリオレイナスだったが、彼の独裁性に危機を感じた政治家たちの策略により、暴徒と化した国民に飲み込まれていく。もはや、彼の味方は政治的野心溢れる母親・ヴォルムニア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)、ただ彼の無事を祈る美しい妻・ヴァージリア(ジェシカ・チャステイン)、そして政治家の師と仰ぐメニーニアス(ブライアン・コックス)だけであった。しかし彼らの助けも虚しく、ついには国を追放されてしまう。裏切りと絶望に包まれたコリオレイナスが一人訪れた先は宿敵オーフィディアスの所であった。果たして彼の目的とは・・・。

出演:レイフ・ファインズ、ジェラルド・バトラー、ヴァネッサ・レッドグレイヴ、ブライアン・コックス、ジェシカ・チャステイン、ジョン・カニ、ジェームズ・ネスビット

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 現代戦では違和感があるが、おもしろい。

腕力と勇敢さによるカリスマ性で掴んだ地位を、その守っている民衆に罵倒され、追放され、純粋な心は崩壊し、報復にむかう過程がやるせなく感じた。敵役であるジェラルド・バトラーの戦闘服姿がかっこいい。

★★★★★ He is a tiger I’m proud to hunt.

古代ローマから砂塵舞う戦場へ。シェイクスピアの古典劇を大胆にアレンジし、見事に現代に蘇らせた意欲作。監督・主演を務めるレイフ・ファインズが圧巻。今や売れっ子のジェシカ・チャステイン、ヴァネッサ・レッドグレイブ、初代レクター博士ことブライアン・コックスなど、脇を固める実力派俳優たちの演技も光る。役者たちの底力をたっぷりと堪能できる1作。難しそうだからといって敬遠しないで、ぜひとも観てほしいな。「これが映画だ」なんて文句はこういう作品のためにこそある。あと、タイトルは『コリオレイナス』のままの方が良かったのに。

★★★★☆ 現在のシェイクスピア劇の正しい反映

台詞がシェイクスピアの古典劇なのに、設定が現代劇という点に違和感を持つ人がいるようだが、恐らく舞台で生のシェイクスピア物を観たことがないのだろう。洋の東西を問わず、現在のシェイクスピア物でトーガをまとったジュリアス・シーザーや提灯ブルマーのハムレットなどは、ほとんど観る事は出来ない。ロイヤル・シェイクスピア・シアターの「オセロー」は第二次大戦中のアフリカ戦線の司令官だし、劇団AUNの「リチャード三世」では特攻服に身を包んだ右翼が「この剣」と言いながら、金属バットで殴り合う。蜷川幸雄の「ハムレット」では、迷彩服を着たゲリラのフォーティンブラスが、あろうことかアサルトライフルでホレイショを射殺する。現代のシェイクスピア劇の多くは、台詞はシェイクスピアそのままに、設定は大きく変えるというのが主流なので、この「英雄の証明」もまた、そうした趣向を現代の中東あたりに求めたに過ぎない。決して奇を衒った物でも、笑止な試みでもない。むしろ、趣向としてはかなり完成度が高い方だ。

★★★☆☆  レイフ・ファインズは超演技派

レイフ・ファインズといえば『シンドラーのリスト』や『レッド・ドラゴン』などに出ている俳優だが、今回初の監督作品ということで観てみた。演技は物凄くうまいが、面白い映画かというとそうでもない。

作品の詳細

作品名:英雄の証明
原作名:Coriolanus
監督:レイフ・ファインズ
脚本:ジョン・ローガン
原作:ウィリアム・シェイクスピア『コリオレイナス』
公開:イギリス 2012年1月20日、日本 2012年2月25日
上映時間:123分
制作国:イギリス
製作費:700万ドル
興行収入:1000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ブルワース

  2. ハリウッド・スキャンダル

  3. ポストマン

  4. レント

  5. マンデラの名もなき看守

  6. ベスト・キッド4

PAGE TOP