コメディー

アイドル・ハンズ

オバカなティーンの右手が、残酷な殺人鬼に大変身!

ストーリー:ここ半年、高校にも行っていないアントン(デヴォン・サワ)は、筋金入りの怠け者。相次ぐ残忍な殺人事件が、町を恐怖に陥れていることも知らない有り様だ。だがある日、彼は自分の右手の異変に気付く。何かにとりつかれた右手は、猟奇的な殺人をアントンの意思とは全く無関係に繰り返していたのだ。彼の両親や親友もその犠牲に。アントンは長年の片思いをやっと実らせ、彼女をゲットしたばかり。果たして彼は、自分の右手から、彼女を守れるのか・・・?!

出演:デヴォン・サワ、セス・グリーン、エルデン・ヘンソン、ジェシカ・アルバ、ヴィヴィカ・A・フォックス、ショーン・ウェーレン、フレッド・ウィラード

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 廉価版でるの遅いよ!

古くは『ブレインデッド』に端を発するB級スプラッター。この作品もその道筋の中にあるひとつであろう。そういった映画に欠かせないおバカな若者がこの映画でもバカをします。すべてにおいてB級のにおいがプンプン。とくにこの映画のゾンビの扱いには笑わせてもらった。こんなゾンビなら友達に2,3人いてもいいかも。あと若き日のジェシカ・アルバも見逃せない。私の中では印象に残った映画のひとつに入ってます。

★★★★★ すばらしきかなB級映画

この映画の素晴らしいところは、ミック役に『セス・グリーン』、プナブ役に『エンデル・ヘンソン』を配したことだ。
彼らは、この映画にユーモアを与え、抑えた演技で映画を引き締めてくれた。オススメのB級映画です。

★★★★☆ 一昔前の香りがする

日本では劇場未公開ですが、映倫からR指定を受けている模様です。初めは、(あれ…評価の割に普通かなぁ)と思いましたが、話が進むにつれコメディ度、スプラッタ度アップ。テンポ良く濃いキャラが話を盛り上げます。鉛筆削りの使い方に感動です。そしてジェシカ・アルバが…今より老けて見える(自分だけ?)。兎に角、気楽に観れる良作です。

★★★★☆ ただのスプラッタ・ムービーではない。

日本の作品ではまず見られないブラック・ユーモアが最初から最後まで楽しませてくれます。他作品のパロディーもちりばめられ、とにかく爆笑必至。主演デヴォン・サワのまだアイドルっぽい雰囲気が新鮮ですし、その主演を完全に喰っていたのは”オースティン・パワーズ・デラックス”で一躍注目を浴びたセス・グリーン、可愛い恋人役にダーク・エンジェルで一気にブレイクしたジェシカ・アルバなど、子役出身のキャリア組で脇を固めるキャスティングも絶妙。コロラド乱射事件の影響で、日本では上映されなかったため、ご存知でない方も多いと思いますが、これはほんとオススメです。

作品の詳細

作品名:アイドル・ハンズ
原作名:Idle Hands
監督:ロッドマン・フレンダー
脚本:テリー・ヒューズ、ロン・ミルバウアー
公開:アメリカ 1999年4月30日 日本 劇場未公開
上映時間:92分
制作国:アメリカ
製作費:2500万ドル
興行収入:400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. フォーチュン・クッキー

  2. 団塊ボーイズ

  3. ザ・スリル

  4. モンキーボーン

  5. ガール6

  6. マルコヴィッチの穴

PAGE TOP