アニメ

KUBO/クボ 二本の弦の秘密

『コララインとボタンの魔女』を手掛けたスタジオライカが日本の昔話にオマージュを捧げた、世界待望の最新作にして、ストップモーションアニメの想像を超えた傑作!

ストーリー:ストーリー:三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという、不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父にねらわれ、クボを助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。父母の仇を討つ旅に出たクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知り・・・。かつて母と父に何があったのか?三味線に隠された秘密とは?祖父である<月の帝>と相対したとき、全ては明らかとなる。

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ストップモーションの魅力が詰まった作品

LAIKAの作品が大好きで、今回のKUBOは日本が舞台となっており大変興奮しました。普段は3DCGの仕事をしているのですが、LAIKAのストップモーションを観ると、毎度3DCGでは敵わない表現がされていて、悔しい気持ちもありながらも完全に虜になっています。アニメーションに対してあまり興味がない方でも、楽しめる作品だと思います!

★★★★★ 瞬きすらしてはならぬ‼︎

ストップモーションアニメの最高峰、スタジオライカ製作。しかも最高峰の中の最高傑作。もう、これは一種の魔法ですよ。繊細な美しさと、怒涛のスペクタクルに満ちた映像絵巻。物語を語り継ぐ意味にまで言及したラストは秀逸。

★★★★★ クボが可愛い!

映画館へ3回、見に行きました。スタジオライカのこだわりと、細部までの細やかな動きがとても素晴らしい作品です。ここまで映画に感動したのはなん年ぶりでしょう。大人から子供まで、ぜひ見ていただきたい名作です。

★★★★☆ 凄まじいアクションanimation

意外なストーリー展開に感心した。ただ主人公の名前は日本的にはどう考えても苗字で、名としては馴染みにくい。大団円に至る経過は、ちょっと息切れかとも思うが、それらを凌駕する圧倒的なライカのアニメーション力には感心するしかなかった。

★★★☆☆努力賞!

この映画の製作に費やしたエネルギーと時間、そして熱意に対しては脱帽。しかし、キャラクターデザイン、場面設計、ストーリーについては目新しいものはなく、これまでのいろんな映画の要素の寄せ集め、という感じ。ストップモーションアニメで製作した、ということでの世間での高評価であろうと思うが、ワクワクし、手に汗握る展開、にはなっていない。画面に出てくる漢字はしっかりと書けていることから、日本のサムライ、時代劇に対するリスペクトは感じられる。

作品の詳細

作品名:KUBO/クボ 二本の弦の秘密
原作名:Kubo and the Two Strings
監督:トラヴィス・ナイト
脚本:マーク・ヘイムズ、クリス・バトラー
公開:アメリカ 2016年8月19日、日本 2017年11月18日
上映時間:102分
制作国:アメリカ
製作費:6000万ドル
興行収入:7700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. ヒックとドラゴン2

  2. ティンカー・ベルと月の石

  3. トロールズ みんなのハッピーホリデー!

  4. シュガー・ラッシュ:オンライン

  5. グリンチ

  6. スモールフット

PAGE TOP