ドラマ

グッドモーニング,ベトナム

ベトナム戦争下のサイゴン基地を舞台に、前線の兵士たちに活気と希望を与えるため奮闘するラジオDJの姿を描いた、バリー・レビンソン監督が贈るヒューマン・ドラマ

ストーリー:   1965年、ベトナム戦争下のサイゴンに、兵士の士気高揚のためアメリカ本国から米軍放送のDJクロンナウアー一等兵(ロビン・ウィリアムス)が呼び寄せられた。型破りな彼の放送に軍のお偉方たちは仰天するも、兵士たちの評判はすこぶる良好で・・・。

キャスト:ロビン・ウィリアムズ、フォレスト・ウィテカー、チンタラー・スカパット、ブルーノ・カービー、ロバート・ウール、J・T・ウォルシュ、ノーブル・ウィリンガム

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 音楽で泣ける

主演のロビン・ウィリアムスのマシンガントークは、テンポが良く見ていて楽しい。あまりに早過ぎて、字幕では理解出来なくなる部分もある。しかし、内容は良く出来ており、反戦映画としては全く新しいアプローチ法だと思う。また、挿入歌の”what a wonderful world”は、いつ聞いても心温まる曲である。観ていない人には、ベトナム映画という事で血なまぐささを感じるかもしれませんが、そういった場面は少ない映画です。

★★★★★ よくぞ創った最高の反戦作品

凄いの一言。ロビン・ウィリアムズの熱演、最高、見事、神業。脚本の奥の深さは、見事。見事なリアリィティ溢れる映像。脇役のさりげない、好演は、渋く、光り輝く。ラストシーンで交わされる真実の叫び。アメリカの良心が健在な時代の偉大な証拠。とにかく、凄い作品。必見の価値あり。

★★★★☆ 楽しい、おもしろい

楽しくて、おもしろくて、ちょっと寂しいかな。時代の活気を感じます。ベトナムの不幸も。アメリカの傲慢さも。でも、陽気な映画です。タンソンニャット空港を出たときに「Good Morning Vietnam ! 」と叫んでみたかった。(やりませんでした。人々の反感は目にみえてる)

作品の詳細

作品名:グッドモーニング, ベトナム
原作名:Good Morning, Vietnam
監督:バリー・レヴィンソン
脚本:ミッチ・マーコウィッツ
公開:アメリカ 1987年12月23日、日本 1988年10月8日
上映時間:121分
制作国:アメリカ
製作費:1300万ドル
興行収入:1億2300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. シークレット・パーティー

  2. メアリーの総て

  3. 8 Mile

  4. ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

  5. バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3

  6. 16歳の合衆国

PAGE TOP