コメディー

ミート・ザ・ペアレンツ2

さらに超豪華キャストになった大傑作コメディの決定版!
前作を超える爆笑の嵐!! 果たしてグレッグとパムは結婚出来るのか!?

ストーリー:弁護士のグレッグと美人のパムは結婚間近のラブラブ・カップル。ようやく、パムの父親、元CIAの堅物頑固親父ジャックの承諾も取り付けてホッと一息。最後の難関は、フォッカー家とバーンズ家両家ご対面の儀式が残るのみ。グレッグがバーンズ家一行を生家へ連れていくことになっている。普通は1週間一緒に過ごすことぐらい何でもないこと。問題はグレッグが堅物ジャックに、父は弁護士、母は医者と伝えていること。本当は父バーニーはリベラルな専業主夫、母ロズはセックス・セラピストなのに。予想通り、父親同士の初顔合わせはとんでもない大激突に!果たして、二人は楽しく幸せな新婚旅行へと旅立てるのだろうか?

キャスト:ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラー、テリー・ポロ、ブライス・ダナー、ダスティン・ホフマン、バーブラ・ストライサンド、オーウェン・ウィルソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ シリーズ第三作にも期待!

前作でデニーロの怖いパパぶりに大爆笑。
今回はダスティ・ホフマンに振り回されるデニーロに大爆笑。
バーブラ・ストライサンドのセックスセラピーシーンも笑えます。
前作がデニーロ家でのお話でお堅い印象に仕上げてあったのに対し、今回は人間くさい愛情べたべたのホフマン家。
セックスセラピストのストライサンドがストレートに訴える夫婦間の愛情、下ネタと言えなくもないのですが実は本質的にとても大切なことだという、ほんわかしたメッセージにも受け取れます。
どんなにきわどいシーンでも赤ちゃんがひどい目にあったり、誰かが傷ついたりしない、安心してみられる映画です。
デニーロの風格でコメディもここまで上質に仕上がるのですね。
この調子でシリーズ第3作につなげてもらいたいものです。
ぜひご夫婦、ご家族そろってご覧になってください。

★★★★★ とても楽しかったです

こんな楽しい映画に出会えて大満足!
やっぱりベン・スティラーは最高だ!!
最初から最後まで笑いっぱなし。
ツボに直撃、お腹が痛くなりました。
愛すべきキャラがみんなハマってるし、オーウェン・ウィルソンもイイ感じ。
幸せな生き方のヒントも添えてあって、とてもハッピーな気持ちになりました。
DVDがでたら即買いします!
私もフォッカー家の一員になりたいです!

★★★★☆ 楽しめました。

楽しめました。家族と主人公を取り巻く環境が面白いです。\(^o^)/

★★★★☆ 安定した面白さ

前作(1作目)を見たのは10年近く前…かなり期間が開いて本作(2作目)を見ましたが、本作も面白いと思いました。
前作の方が主人公へのイジリがキツかったと思いますが、本作にはD・ホフマンが加わり「ホフマンvsデニーロ」「スティーラーvsデニーロ」の2つのバトルが楽しめます。
前作より笑いのキツさはややマイルドになり、変わりに下ネタが増えた感じでしょうか。
しかしホフマンは上手いですね。まだまだ健在の様です。あのデニーロすら食われかけてます。(もちろんデニーロはデニーロで個性発揮してます)
補足ですが、本作はコメディ映画の中では歴代No.1の興行収入を記録した作品だそうです。

★★☆☆☆ 1作目が面白かったのに~残念。

2作目の両親に会わせるという設定はよかったが、下ネタ系ばかりでつまらなかった。笑えない。
ベン・スティラーの天然系空回り役柄が全く活かせていないのが残念だった。
ジャンルはコメディだが、家族の絆~暖かコメディ系。爆笑系コメディではない。
1作目のほうが笑えます。オーウェンは友情出演レベルの配役です。
このシリーズはメイン主役はロバート・デニーロ。次がベン・スティラーです。
ロバート・デニーロ好きには良いかも。

作品の詳細

作品名:ミート・ザ・ペアレンツ2
原作名:Meet the Fockers
監督:ジェイ・ローチ
脚本:ジョン・ハンバーグ、ジム・ハーツフェルド
公開:アメリカ 2004年12月22日、日本 2005年11月26日
上映時間:115分
制作国:アメリカ
製作費:8000万ドル
興行収入:5億1600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. I See You.com ~ハレンチのぞき見大作戦!

  2. ウディ・アレンの愛と死

  3. アリ・G

  4. ゲス・フー 招かれざる恋人

  5. 未来は今

  6. ゴーストバスターズ

PAGE TOP