コメディー

ミート・ザ・ペアレンツ

アカデミー賞®俳優ロバート・デ・ニーロが、悪夢のような恋人の父親を快演!?

ストーリー:シカゴで看護士をしているグレッグ(ベン・スティラー)は恋人のパム(テリー・ポロ)に夢中。 すぐにもプロポーズをしたいが、結婚は彼女の父親ジャック(ロバート・デ・ニーロ)の一存にかかっているらしい。 そんな時、パムの妹が結婚することになり、二人は式に出席するためにニューヨークの彼女の実家へと向かった。 それは結婚を切り出す絶好のチャンスになるはずだった。 しかし、彼を待っていたのは手強すぎる相手だった・・・・!

キャスト:ロバート・デ・ニーロ、ベン・スティラー、テリー・ポロ、ブライス・ダナー、ニコル・デハッフ、オーウェン・ウィルソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 気分転換にオススメ

久々にお腹をかかえて笑える映画でした。軽く笑える映画を見たい時にオススメです。

★★★★★ 素直に笑えて気持ちよくみれる、文句なしのコメディです。

次々とたたみかけるように起こるハプニングに、素直に笑えて楽しめました。笑いだけでなく、じわっと涙させる所もあり、見終わって気持ちの良い、さわやかなコメディだと思います。見て損はないと思います。結婚を考えている人も、いない人も、楽しめると思います。

★★★★★ デ・ニーロの凄さを改めて思い知らされた作品

とにかく面白い!腹の底から笑える!それも下品な笑いではない。文学的な笑い(そんなものある?)。
微笑ましく誰が見てもおそらくいやな気持ちにならない喜劇の王道。
俳優陣もなかなかの人が揃ってる。ベン・スティラーはデ・ニーロ相手になかなか堂々とした演技だったように思う。まぁ、欲を言うともう少し自然な表情でもっと面白おかしく演じていれば尚良かったように思うが・・・
やっぱり圧巻だったのがデ・ニーロの演技。ごくごく自然な誰もが普段表しているような顔の表情で笑いを誘う。本当に凄い人だとやはり感心させられた。どこかしら不自然で過剰なおどけた表情をつくる事で笑いを誘うB級コメディーにせず、きちんとした演技で笑いを誘う超一流の演技に感心させられた。
本当に演技力のある、実力派俳優というのは、寸分の過剰さも出さず普段私達が微妙に顔に表しているであろう表情で笑いも誘うし涙も誘う。そして考えさせる事もあり、また心安らぐときもある。
デ・ニーロの凄さを改めて思い知らされた作品だった。コメディーの中では最高の作品。最もお勧めのコメディーは?と訊かれればこれからは間違いなくこの作品を挙げるだろう。
ますますデ・ニーロが好きになった作品だ。

★★★★☆ 面白かったです!

裏目人生、災難続きのベン・スティラー、一生懸命さが不憫すぎて笑えた。
骨壷を割ったり、猫がオシッコしたり、嘘発見機、隠しカメラ、ベンの水着姿と小ネタも多く、とても楽しかった!
ロバート・デ・ニーロもいい感じだし、オーウェンの善人具合も妙におかしい。
子供に協力してもらってプロポーズ大作戦!
あんな計画をたてる男性って可愛いなぁ。
共感できる場面が多く、同じ思いを味わった既婚者の方がダンゼン楽しめると思います。
ちなみに私はパワーUPした続編が好きです。

作品の詳細

作品名:ミート・ザ・ペアレンツ
原作名:Meet the Parents
監督:ジェイ・ローチ
脚本:ジェームズ・ハーツフェルド、ジョン・ハンバーグ
公開:アメリカ 2000年10月6日、日本 2001年3月31日
上映時間:103分
制作国:アメリカ
製作費:5500万ドル
興行収入:3億3000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. カレには言えない私のケイカク

  2. 私にだってなれる! 夢のナレーター単願希望

  3. アナライズ・ミー

  4. マーヴェリック

  5. ナイトミュージアム2

  6. バチェロレッテ あの子が結婚するなんて!

PAGE TOP