ドラマ

ハドソン川の奇跡

その日、英雄は容疑者になった

誰が”奇跡”を裁くのか。世界を震わせる真実のドラマが幕を開ける。

クリント・イーストウッドの長い監督キャリア史上、最大のヒットとなった傑作『アメリカン・スナイパー』の次に選んだのは、『ハドソン川の奇跡』。未曾有の航空機事故からの生還劇の裏に隠された実話だ。前作で戦場という極限の状況下における兵士の人間性を鋭く優しくみつめた巨匠が、その視点で新たに問いかける真実の裏側。確かな経験に裏付けられた機長の決断。乗員乗客すべての命を救った英雄への厳しい追及。それでも折れない不屈の信念と、決して揺らぐことのない機長サリーの人間を描き出す。

ストーリー:2009年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで155名を乗せた航空機を突如襲った全エンジン停止事故。160万人が住む大都市の真上で、制御不能の70トンの機体は高速で墜落していく。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長サリー(トム・ハンクス)は、それを不可と判断し、ハドソン川への不時着を決断。事故発生からわずか208秒のことだった。航空史上誰も予想しえない絶望的な状況の中、技術的に難易度の高い水面への不時着を見事に成功させ、“全員生存”の偉業を成し遂げる。その偉業は「ハドソン川の奇跡」と呼ばれ、サリーは一躍英雄として称賛されるはずだった。ところが、機長の”究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう。本当に不時着以外の選択肢はなかったのか?それは乗客たちを命の危機に晒す無謀な判断ではなかったのか?事故調査委員会による度重なる追及は、サリーを極限まで追い詰める・・・。「救ったのになぜ?」。待ち受ける試練。突如孤立した彼を支えてくれるのは、数少ない仲間と、心から愛する家族だけだった・・・。

出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー、ジェイミー・シェリダン、アンナ・ガン、ケイティ・クーリック、ホルト・マッキャラニー、ジェフ・コーバー、アン・キューザック、モリー・バーナード、マイケル・ラパポート

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 矜持を持って真摯に生きる

航空機のシビアアクシデントをハドソン川に緊急着陸することによって乗客乗員、全員が助かった2009年1月15日の事件を、機長に焦点を当てて映画化したもの。事故、機長の職業人生、事故調査の経緯が、ぎゅーっとコンパクトに描かれ、始まりから終わりまで息つく暇もなく、夢中になって鑑賞し、あっという間であった。私が強く感じたのは、自分の職業に矜持を持って(誇りを持って)、真摯に取り組むことの素晴らしさ。感動的ないい映画でした。

★★★★★ さすがのイーストウッド節

アメリカで実際に起きた航空機事故を基に作られた映画です。勤続40年の経験と勘を頼りに乗客全員の命を救ったベテランパイロット。しかし、彼が下した判断に当局から疑いの目がかけられます。クリント・イーストウッド監督は、手堅い演出でこのパイロットに起きた出来事を淡々と描いていきます。地味な題材を重厚なドラマに仕上げるのはイーストウッド監督の得意技。今作でもトム・ハンクス演じる主人公(老け役!)を始めとした登場人物の心の機微が丁寧に描かれていて、映画の開始直後からグイグイとこの映画の世界に引き込まれてしまいました。最近では数少ない大人のための映画ですね。文句なしの星5つ。

★★★★★ 有名になるリスク

パイロットが如何に凄いことを成し遂げたのかということをストレートに描く映画かと思って見始めたのですが、いい意味で裏切られました。最終的には、やはりパイロットが成し遂げたことの凄さをしっかりと心に刻みつけてくれる内容だったのですが、それに対する周りの評価は決して一筋縄ではいかず、本人や家族にとってはむしろ非常に大きな負担になるという現実を、リアリスティックに描いてくれていて、考えさせられました。映画の本編の後に付属していた、本人に対するインタビュー映像も充実していて、お得感がありました。

★★★★☆ ドキュメンタリーだと思って見てください

題材となった事故は2009年の『USエアウェイズ1549便不時着水事故』であまりにも有名。主演はトム・ハンクス、もちろん機長役。さすがに演技うまい。死者ゼロでこの難事を乗り切った英雄とも呼べそうな機長らが、実はその後の検証等で判断ミスなどを疑われ、一時は有罪になりそうなほど厳しく追及されていたという、【奇跡後の現実】が全編にわたって描かれています。元々ノンフィクションですし、実際に事故にあった方々、救助に携わった人々が本人役で多数出演しているようですから、ほぼドキュメンタリーを見ている感じ。その観点からならば十分に面白い。納得レベルの作品だと思う。

作品の詳細

作品名:ハドソン川の奇跡
原作名:Sully
監督:クリント・イーストウッド
脚本:トッド・コマーニキ
公開:アメリカ 2016年9月9日、日本 2016年9月24日
上映時間:96分
制作国:アメリカ
製作費:6000万ドル
興行収入:2億4000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. アクトレス〜女たちの舞台〜

  2. 未来を花束にして

  3. マグノリア

  4. 旅するジーンズと16歳の夏

  5. バック・トゥ・ザ・フューチャー

  6. リトル・フィッシュ

PAGE TOP