スリラー

ジュラシック・パーク

スピルバーグが歴史を変えた!恐竜映画の金字塔がここに誕生!

1993年7月、ジュラシック・パークの門が関かれると、ここを訪れる人々はこれまでに目にした事のない、最先端の科学的発見と視覚的イマジネーションの粋を集めた世界に足を踏み入れることになる。パークの門をくぐると、そこは広大な敷地に多種多様な生命が繰り広げるファンタジーの世界。周囲を取り巻く世界にあなたの五感は圧倒される。音も、匂いも、土の感触さえもが奇妙に違っている。どこか遠い所で、巨大な生物たちが動いている気配がし、やがて彼らが通り過ぎる時には地面が揺れ動く。人間がこの世界に登場するずっと以前、この地球の上を違った生物たちが歩きまわっていた。その生物は敏捷で力強く、1億数千万年に渡って地球を支配した。ジュラ紀はその痕跡を僅かに化石や足跡、そして琉泊に封じ込められた遺物などに残しているに過ぎない、閉じられたままで1億年以上が経過したタイムカプセルである。今、そのタイムカプセルが開かれる時が来た。地球の第二の支配者である人間と、かつての支配者であった恐竜たちが、このジュラシック・パークで初めて出会う。

DNAクローン技術で甦った恐竜が制御を破り、人間に襲いかかる!

ストーリー:コスタリアの西方に浮かぶヌブラル島。最新クローン技術によって恐竜を現代に甦らせたインジェン社社長のハモンドは、生きた恐竜が闊歩するテーマパーク”ジュラシック・パーク”を建造。その安全性を調査検証するため、さまざまな分野の専門家を島に招く。古生物学者のアラン、古代植物学者のエリー、数学者のイアンにハモンドの孫たちが加わり、パーク内を見学するツアーに向かった一行。高圧電流の柵に囲まれたパークは、コンピューターによる制御で安全と思われたが、予期せぬトラブルが発生。暴走し始めた肉食恐竜がアランたちに襲いかかる!

キャスト:サム・ニール、ローラ・ダーン、リチャード・アッテンボロー、ジェフ・ゴールドブラム、アリアナ・リチャーズ、ジョゼフ・マゼロ、サミュエル・L・ジャクソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 最高!!

この映画の一番良いところは、恐竜を『モンスター』ではなく『動物』として表現した所にあると思う。だからリアリティーがあって面白い!中盤から最期まではまるでジェットコースターのようにストーリーが展開する!恐竜好きにはたまらない映画!!

★★★★★ 大人になっても見飽きないテーマ

自分が子供の頃に観た映画を、自分の子供と一緒に観ました。
絶滅した恐竜の再生という、実現しそうでしていない非現実世界にトリップできるのが、本作の魅力だと思います。
恐竜が出てくるシーンは、十数年前のCGとは思えないくらい迫力があります。
当シリーズ5作目が今年上映されていますので、この機にぜひ観ていただきたい一本です。

★★★★★ ジュラシック・パークシリーズ最初にして最高傑作

単に恐竜パニック映画と思っていたら大間違い。自然に対する畏敬の念や、生命の尊さ、生物工学の落とし穴等、根底に流れるテーマには大きく頷いてしまう。そこが他のシリーズとは一線を画している点であろう。
無論、パニック・アクション映画としても申し分ない。あまりにも有名な、車のミラーにティラノサウルスの大口が写るシーンを始め、見所は随所に盛り込まれている。それでCGが本作にはあまり使用されていないという事実にもまた驚かされる。そして、なんと言っても豪華声優陣!その声の演技を皆さんも存分に楽しんで頂きたい。

★★★★☆ 初めて観た時は衝撃だった・・

あの圧倒的な優雅さを感じさせる、恐竜の群れの映像は、それだけで必見だ。
だが、あえて、今、観れば少し恐竜の出番が少ないような気がする。
それに、CG以外の映像は、やはり作り物っぽく見える。
その点、ナオミ・ワッツが出てた『キングコング』なんかとは比較できない。
しかし、93年、当時は、これが斬新だった。今、観ても当時を思い出す。
スピルバーグ最高。

★★★★☆ ジュラシックパーク

このジュラシックパークシリーズは1が一番面白い(2、3と上映されるごとに面白さは半減していった。3なんかはもう二度と観る気がしない・・・)。初めてこの映画を観た時の感動は忘れられません。恐竜がまるで現実に存在するかのように作られたCGはとても精巧で、動きもとてもスムースです。この映画の見所はやはりティラノサウルスに追い回されるシーンです。あんな巨体で本当に走れたのかどうかは疑問ですが、とにかくスリル満点です。

作品の詳細

作品名:ジュラシック・パーク
原作名:Jurassic Park
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:マイケル・クライトン、デヴィッド・コープ
公開:アメリカ 1993年6月11日、日本 1993年7月17日
上映時間:127分
製作費:6300万ドル
興行収入:10屋2900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 赤ずきん

  2. キラーズ・セッション

  3. レッド・ステイト

  4. LIVE!/ライブ

  5. ホワット・ライズ・ビニース

  6. ピラニア

PAGE TOP