アクション

アメイジング・スパイダーマン2

彼こそが“希望”

スパイダーマンとして人々を守り、普通の青年としても充実した日々を送るピーターの前に、強敵が次々と出現する

ストーリー:スパイダーマンとしてニューヨークの平和を守り、ひとりの男性として恋人グウェン(エマ・ストーン)との愛を育む、忙しくも充実した日々を送っていたピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。しかし、彼の旧友で巨大企業オズコープ社の御曹司であるハリー・オズボーン(デイン・デハーン)が街に戻ってきたことから、ピーターの生活は少しずつ狂い始める。一方、オズコープ社に勤める冴えない電気技師マックス(ジェイミー・フォックス)は、感電事故に巻き込まれたことで、突如電撃を発する超人・エレクトロに変貌してしまう!平凡な青年であることと、スパイダーマンとしての大いなる責任の間で葛藤してきたピーターに、更なる試練が襲い掛かる。

出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、デイン・デハーン、コルム・フィオール、フェリシティ・ジョーンズ、ポール・ジアマッティ、サリー・フィールド、エンベス・デイヴィッツ、マートン・チョーカシュ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 決めポーズ最高

スパイダーマンってかっこいいですよね。小さいころから大好きです。何と今回は戦闘中の決めポーズでカメラ(映像)を止めていただけます。感謝!!ドラマ主体の1作目と違い、戦闘シーンがとても作りこまれています。アクション考えた人素直にスゲーと思えるできです。ドラマ部分も脚本としてしっかり引き継いでいます。泣かせる度は1作目に及びませんが。

★★★★★ パワーアップした画質

一作目がとても面白かったので2も買いました 一作目より明るめな内容ですがやっぱり良かったです 前シリーズの三作品のファンでしたので見るまでは懐疑的でしたがいい映画でした。今回のシリーズは4kで買いましたがさすがに非常に綺麗でまた音響効果も感激でした。

★★★★★ 消化活動スパイダーマンが最高。

消防士帽被ってるスパイダーマンが好き。恋愛ドラマがダラダラ続く3部作よりわかりやすくててこっち好き。

★★★★☆ 世間一般では駄作との呼び声高い一作ですが・・・

試写会で見てから評価は星4のまま。今現在見直しても遜色なかったですね。アクションシーンも映像は美しいし、実写版スパイダーマンでは初めて見るような空中滑空の映像の角度とサム・ライミ版に比べて軽快なテンポだった?ストーリーも前3作と雰囲気が一新していて良かったです。原作に内容が沿っている=良作という考えはこのご時世ではもう古いのかも知れません。ある程度のリスペクトを図りつつ新たな切り口で人間関係や人物像を作り上げていくスタイルが現代的なのですかね。「ヒロイン、主人公の掛け合いが見てて・・・」というレビューが多いのが見かけられましたが、あれはあれで現代っぽい若者の恋愛の仕方のようで良かったです。 最後のエンドロール半ばにあれだけの伏線を残して置いて打ち切りになるのはとても残念です。個人的にはまた新たにリブートして1から作り直す方が鬱陶しい感じがしますけどね・・・ 役者さんも作風も好きなのでこの世界観でシニスターシックスの活躍を見たかったです。

★★★★☆ これで終わりなの?

ストーリーの詰め込み過ぎは相変わらずで、最近は慣れてきて楽しめるようになってきました。ただ今作のラストはこれで終わりなの?って感じがして、もう少しスッキリ終わってほしかったです。

★★★★☆ 終始明るい

とにかく優しいピーター・パーカーにほのぼのする。強者としての憂いも迷いも苛立ちも見せず、ただ純粋に今危機に瀕している者を救う、例え悪人でも自分が切羽詰まらないと殺さない。そんなホントのスーパーヒーロー。前作ではサムライミ版を超えてない感じがしたけど、今作でははるかに超えてきた。なによりも、彼女を救うために伸ばしたクモの糸が、手に見える演出。そこにスパイダーマンのすべてが詰まってる。アレにはしびれた。見ても損はない良作です。

★★★☆☆ 高校3年生、僕ら離れ離れになろうとも。

ピーターの設定が高校3年生から卒業あたり、人生経験が未熟で、人として成長して行く様を見せたいのだろうけど・・。彼女との関係は未熟感、若い感が出てるけど、その他、人を諭す能力なんてなかなか老獪なもの。そのギャップが納得できない。彼女との距離感をとりながらも、なんだよ最後はあんな事になっちゃって、最悪の事態だよ。敵キャラも3人も出てくるわりになんだか、薄っぺら。父の秘密がわかってきたあたりは面白かったかな。そして3には続かず、このシリーズはおしまい。ま、それもわかるな。

★★☆☆☆ 盛り込み過ぎて薄っぺらい

様々な要素を盛り込んだ末に、どれもが薄っぺらく感じてしまいました。主人公であるスパイダーマンもヒロインもヴィランもすべてが薄っぺらく、ラストシーンの子どもの勇敢な行動にも説得力がありません。前作よりもアクションが弱いし、前シリーズよりも人間を描き切れなかった。駄作。

作品の詳細

作品名:アメイジング・スパイダーマン2
原作名:The Amazing Spider-Man 2
監督:マーク・ウェブ
脚本:アレックス・カーツマン
公開:アメリカ 2014年5月2日、日本 2014年4月25日
上映時間:142分
制作国:アメリカ
製作費:2億ドル
興行収入:7億ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. シックス・デイ

  2. ウルヴァリン: X-MEN ZERO

  3. ワイルド・スピード ICE BREAK

  4. ゲットバック

  5. ラスト・アクション・ヒーロー

  6. マトリックス/リローデッド

PAGE TOP