ミュージカル

ドリトル先生不思議な旅

素敵な音楽にのせて贈る夢いっぱいのミュージカル・ファンタジー

ストーリー:動物の言葉が何でもわかるドリトル先生はいつも森の動物たちの病気や怪我を治していた。純粋で心優しいドリトル先生は、他人から狂人扱いされながらも、人間も動物も同じ地球に住む仲間と信じ、伝説の巨大な大海カタツムリを探しに、動物たちと船の旅に出るのだった。

キャスト:レックス・ハリソン、サマンサ・エッガー、リチャード・アッテンボロー、アンソニー・ニューリー、ピーター・ブル、ウィリアム・ディックス、ジェフリー・ホールダー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 良いものは、イイ!!!

小さい頃、この映画を見て育ちました。DVDになっていたので、懐かしくて、さっそく、購入しました。映像がとてもきれいでした。うちの子ども達は、本をシリーズで読んでいたので、それが映像化されていて興味津々でした。良いものはイイですね♪

★★★★★ これがオリジナルかな? いいよ!

小学生の時、ドリトル先生をむさぼり読んでいた。動物と話せる、この一点だけでも憧れていた。そんなある日、テレビで本作を見た。自分のイメージと少し違っていたが、レックス・ハリソンのドリトルは最高だった。特殊効果は今の目でみると、ちょっとしょんぼりしてしまうが、それをカヴァーする音楽、演技。よい映画だった。大人になって、エディー・マーフィーのドリトルを見たが、それはそれで楽しめたが、やはりオリジンの方が面白かった。いま子どもがドリトルを読んでいる。エディーの方をDVDで先に見せた。その後本作を見せたところ、こちら方が好評だった。ミュージカルは初体験の子どもにも受け入れられた。本を読んでから、映画を見てもらいたと思う。ちなみに、見るときは吹替で見た方が良かった。吹替も秀逸。1960年代の素晴らしい映画の一つであるのは間違いないだろう。

★★★★☆ レックス・ハリソンの世界満喫

『マイ・フェア・レディ』を思い出させるレックス・ハリソンの歌い口調に満足です。お粗末な「特殊効果?」でも、何となく許せるストーリー展開。小さいころ見た感覚とは少し違いますが、懐かしくうれしい内容でした。今の時代にはない。ほのぼのとした心温まる作品だと思います。ただ、昨今のデジタル処理で画質を改善されていれば、満点になったのに・・・。

作品の詳細

作品名:ドリトル先生不思議な旅
原作名:Doctor Dolittle
監督:リチャード・フライシャー
脚本:レスリー・ブリッカス
公開:アメリカ 1967年12月19日、日本 1967年12月15日
上映時間:152分
制作国:アメリカ
製作費:1700万ドル
興行収入:900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ハイスクール・ミュージカル2

  2. アンダー・ザ・チェリー・ムーン

  3. ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー

  4. ラ・ラ・ランド

  5. 俺たちポップスター

  6. グレイテイスト・ショーマン

PAGE TOP