ホラー

フレイルティー 妄執

『アポロ13』ほかで知られる俳優、ビル・パクストンが監督デビューを果たしたサスペンス・ホラー

ある嵐の夜、FBI捜査官ドイルの前に現れたフェントン(マシュー・マコノヒー)と名乗る一人の男。”神の手”というメッセージを現場に残す連続バラバラ殺人を追っていたドイルにフェントンは事件の真相を打ち明け始める。自分の弟が犯人であり、既に自殺していると言うフェントンの言葉を訝るドイルだが、自殺現場である弟の家へ向かう途中、フェントンの口から語られたのは、遠い過去に始まる忌まわしい狂気の物語。そして、明らかになる真実は、人類の存在を根幹から揺るがす、恐るべきものであった・・・。

キャスト:ビル・パクストン、マシュー・マコノヒー、パワーズ・ブース、マット・オリアリー、ジェレミー・サンプター、ルーク・アスキュー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 低予算ホラーの傑作です!お勧め!!

俳優・ビル・パクストンの初監督作品。
主演は胸板で有名な(笑)マシュー・マコノヒー。
コメンタリー見ると分かりますが、出演者のほとんどが監督の友達関係という、ホラーながら微笑ましい感じ。
でも監督が俳優さんなので、最高の役者揃えてます。
子役(特に兄)の演技上手さにはビックリです。
子役・弟はピーターパンの子です(映画初出演がホラーですか…)
低予算、短期間撮影ながら、素晴らしい脚本と拘りぬいた演出で傑作に仕上がっています。
回想シーンで、神の意思として殺人をする父親役をビル・パクストン本人が演じているんですが、どこまでも正常な眼で人を切り刻むのが、本当に恐ろしい。
彼にとってはそれは正義であり、子供たちへの愛も変わらず、信仰心も変わらない。
だから眼も態度も、昔の誠実な父親のままなんです。
彼の誠実そうな容姿が、よく効いています。
多少突込み所はあったものの、良く練られた事がわかる脚本であり、低予算ながら場面一つ一つに拘った映画への愛が良くわかり素晴らしいと思いました。
サイコスリラーやホラーやサスペンスは好きな方には絶対お勧めです。
グロイ場面は出て来ないので、苦手な人でも大丈夫。

★★★★★ とっても良かったです!!

予測できないラストシーンにやられた!
とても面白い物語で、続けて2回観てしまった。
最初は子供に自分の間違った信念を押し付けるおかしな父親の物語だと思っていた。
父から殺人を強要され、地下室に閉じこめられる子供に同情しながら観ていたのです。
視覚的に怖いというのでなく、子供の立場で心理的に追い詰められる感じも受けました。
緊張感ある展開、物語の意外性に引き込まれ、予想外の衝撃を秘めた結末に驚かされました!
単なるサスペンスかと思っていましたが、親子愛や神の存在など、色々考えたくなる映画でした。

★★★★★掘り出し物!!

すごくいいです!ぜひ見てみてください!!
ビル・パクストンのファンなのと、サスペンスもの好きということで映画館に観に行ったのですが、とっても良かったです。いい意味で期待を大きく裏切られた作品です♪(あまり宣伝もしていなかったし、大したことないだろうなぁと思っていたので)。系統としては、シャマラン監督作品に通じるものがあります。彼の作品が好きな人には、絶対おすすめです。ラストのどんでんがえしに鳥肌がたちます。

★★★★☆ 非常に良く練りこまれた傑作

登場する俳優達の演技が素晴らしく、淡々と進むストーリーながらグッと引き込まれてしまいます。
幸せだった家庭があっけなく、それも理不尽に思える理由で崩壊してしまうのがたまらなく悲しく、その後の父親の行動との対比が非常に効いてます。
グロい描写を一切なくし、見る物の想像を刺激する手法が心理的にジワジワくるこの映画にはハマってますね。
ラストも驚きがあって、しかも伏線もバッチリ張っていて抜かりがありません。
ミスディレクションも巧みで、見終わった後に監督のコメンタリーを聞くと、「やられたなぁ」と思わされます。
ヒッチコック作品へのオマージュも散りばめられているそうで、詳しい方ならさらに面白いと思います。

★★★★☆ 血の出ないスプラッターホラー映画

神の僕となった主人公が人々を拉致して斧を使って虐殺する映画!
中盤までは異常な父親と正気を保とうとする少年という感じで物語が進んでいきます。
そして最後のどんでん返し的な結末(^_^;)
正直初めてみたときはへーっていう感じで終わりましたが、何故か何年たっても心に残ったまま約10年たったある日何気に検索してみたんですが題名を思い出さない(>_<)。
妄執という言葉を思い出してやっとDVDを見つけたときには迷わず購入ボタンを押していました。

作品の詳細

作品名:フレイルティー 妄執
原作名:Frailty
監督:ビル・パクストン
脚本:ブレント・ヘンリー
公開:アメリカ 2002年4月12日、日本 2002年11月23日
上映時間:100分
制作国:アメリカ
製作費:1100万ドル
興行収入:1300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ザ・リング リバース

  2. 死霊館

  3. ビューティフル・ダイ

  4. スクリーム

  5. 30デイズ・ナイト2:ダーク・デイズ

  6. パトリック 戦慄病棟

PAGE TOP