ホラー

ブラッド

ヴァンパイア映画は数多くあるが、本作は現代的なヴァンパイア・サスペンス。ルーシー・リュー演じるヒロインは、早々にヴァンパイアの餌食になり、ヴァンパイアとして蘇る。ただほかと違うのは、血を求めて人に襲いかかっても、罪悪感を感じること。人間の心を失わずに生きるヴァンパイアなのだ。自分の欲望を満たすために次々と人間を襲うヴァンパイアに立ち向かうヒロインの勇敢な佇まい、潔い生き様はなかなかかっこいい。ルーシーは冷徹な女を演じている方が女っぷりは上がると思っていたが、本作のような正統派のヒロインも新鮮。ショッキングなシーンも多く、サスペンスというよりホラー的要素も満載。監督&脚本はセバスチャン・グティエレス

ストーリー: 敏腕記者のセイディー(ルーシー・リュー)が手がけたカルト記事の協力者の少女トリシアが死体で発見された。彼女はトリシアから聞いた電話番号を頼りに、同僚のイーサンがつきとめたある屋敷に向かうが、そこで血染めのベッドを発見する。慌ててイーサンのもとへ急ぐセイディー。しかし、彼の部屋で彼女は何者かに襲われ、気を失う。気づいたとき、セイディーはカルト集団のアジトに連れて来られていた。そして彼らはセイディーに牙をむいた・・・。

キャスト:ルーシー・リュー、マイケル・チクリス、カーラ・グギーノ、ジェームズ・ダーシー、マリリン・マンソン、サミーア・アームストロング、ロバート・フォスター、マーゴ・ハーシュマン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ アクション活劇

ヴァンパイア物ですが、内容としてはキルビルとかを彷彿とさせる復讐アクション活劇という感じです。
ストーリー的には王道一直線なので単純に楽しめます。
伝説上の吸血鬼のように何度殺しても死ななかったりはしないので、流血シーンは多いですが、くどい感じはしなかったです。見せ方も軽いですし。
ラストシーンもオヤクソクだし、残虐シーンを除けば普通に面白い1本だと思います。

★★★☆☆ さくさく展開するのだが・・・・・・

作品時間が90分程度と短く、展開は速い。
その分、舞台背景や説明描写が少ないために、感情移入しきらずに終わる感も否めない。
考えようによっては、「復讐」ということに焦点をあてて、あえて説明的な描写を省いたととる事もできるが・・・・・・
吸血鬼ものなのだが、首筋を咬み血を吸うというより、咬みちぎって血を吸うという、どちらかというとゾンビ的な吸血場面。その分、妙な生っぽさがある。
奥の深い展開を望まずに、さらっと流す感覚で観る作品かもしれない。

★★★☆☆ やさしい現代版バンパイア

ルーシー・リューのバンパイア。
自分が吸血鬼になり、吸血鬼へ復讐するお話。
全編に血なまぐさいシーンが多いが、ルーシー・リューの感情をあまり面にださない演技が、見ている人の恐怖に対する気持ちを支えているような気がした。
吸血鬼が吸血鬼に復讐するというのが目新しいが、最後のモルグでの扉が開くシーンは想像できた。
新しい力とはどんな形になっているのかが次に続くかもしれないことを予感させる。
会話が淡々と進むのが面白かった。 ^^
全体に血生くさいが、やさしい現代版バンパイアだと思う。

★★☆☆☆ 地味・・・

ヴァンパイアの犠牲になり、そしてヴァンパイアとなってしまった女の復讐。
ルーシー・リューが血まみれでクールな女主人公を演じてます。
え〜っと・・・なんというか・・・地味です(笑)
ヴァンパイア同士の戦いだというのに地味です。
アクションの要素とホラーの要素を盛り込んではいますが、中途半端です。
最大の見所はルーシー・リューのはヌードでしょうな・・・、あまりはっきりとは見えないが・・・。
ラストシーンはお約束なのか、もしくは続編を匂わせてるのか、はっきりとはわからないが、このレベルで続編を製作するのならやめたほうがいいな。

作品の詳細

作品名:ブラッド
原作名:Rise:Blood Hunter
監督:セバスチャン・グティエレス
脚本:セバスチャン・グティエレス
公開:アメリカ 2007年6月1日、日本 2007年8月11日
上映時間:94分
制作国:アメリカ
興行収入:280万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ソウ ザ・ファイナル

  2. ライトオフ

  3. ルール6

  4. ラプチャー 破裂

  5. AVP2 エイリアンズVS.プレデター

  6. エルム街の悪夢4 ザ・ドリームマスター 最後の反撃

PAGE TOP