アクション

メン・イン・ブラック2

あれから5年・・・さらにドデカイ地球に最強コンビくK&J> が復活!

1997年度の全世界ナンバー1ヒット「メン・イン・ブラック」に、遂に5年ぶりの新作が登場。あの最高のコンビネーションを楽しみにしていたファンの期待通り、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス、MIBのエージェント<k&J>の名コンビが二人揃っての第2弾が実現。5年間の活躍で超大物になった2人が、このビッグプロジェクトのために、さらにスケールアップしたチームワークを披露する。もちろん製作総指揮のスティーブン・スピルバーグを筆頭にスタッフも前作と同じメンバーが再集結。お楽しみのエイリアン・キャラやMIB自慢の秘密兵器も前作以上に続々登場!物語にもSFXにもK&Jの絶妙のカケアイにも最新のアイデア盛りだくさんにブチ込んで、2002年度のナンバー1を狙い撃つ!

ストーリー:5年前、相棒のKとともに地球の危機を救ったJ(ウィル・スミス)は、いまやMIBのエリート捜査官として平穏に日常業務をこなしていた。しかし、そんな彼の前に、新たな敵が出現!? 地球上ではランジェリーのモデルとして活躍している超セクシー宇宙人のサーリーナ(ララ・フリン・ボイル)が、何とMIBのビル全体を人質にしてしまったのだ!一人助かったJが頼れるのはいまや引退している元相棒のK(トミー・リー・ジョーンズ)のみ。再び彼の力が借りられるか否かが命運を握るのだ!ところが当のKは平和な市民生活にどっぷり。しかも、MIB時代の記憶が消されていて、アタマの中は真っ白け!JはKの記憶を取り戻せるのか?Kはかつてのように敏腕エージェントに戻れるのか?われらが地球の運命は、またこの2人に託された!!

キャスト:トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、リップ・トーン、ジョニー・ノックスビル、ララ・フリン・ボイル、ロザリオ・ドーソン、デヴィッド・クロス、トニー・シャルーブ、マーサ・スチュワート

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 何度見ても面白い

MIBシリーズは1~3どれを鑑賞してもはずれなく面白いです。

★★★★★ 小さなジョークや小気味よいギャグが楽しめました

映像的にはドタバタ感が支配する感じですが、あちこちにさりげなくちりばめられたギャグやユーモラスな小ぜりふが、クスッと笑えたり、しばらく後をひいて笑える感じがして楽しめました。それなりにお金をかけて、うけをねらって、脚本もそれなりの人を選べば、いちおう娯楽作品というのはできるのだなあと感じた作品です。

★★★★★ 今回もノリノリ!!

前作のMIBもノリノリでしたが、今回もパワーアップ、前作のキャラはもちろん、何と言ってもパグ犬のエージェントとウイル・スミスのやり取りは爆笑です、もちろんトミー・リー・ジョーンズも忘れていません。やっぱりウイル・スミスは”アリ”でシリアスな演技も評価できますが、ウイル・スミスは”こうでなくちゃ!”といった感じでノリノリ!!

★★★★☆ 及第点

前作に引き続いてみた映画ですが、この手の荒唐無稽な映画の中では普通に楽しめる作品でした。
ラストシーンとか意外と深いのが、またよかった。
こういう映画を見て楽しめるのかどうかの境界線は何なんだろう?と考えると、映画の中の世界観の作り方だろうな、と思う。とことん子供の目線にまで降りていくのか、大人のマニアックさを残すのか。
ハリポタはだめなんだけど、スター・ウォーズはOKみたいな。
まあそんな感じです。

作品の詳細

作品名:メン・イン・ブラック2
原作名:Men in Black II
監督:バリー・ソネンフェルド
脚本:ロバート・ゴードン、バリー・ファナロ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
公開:アメリカ・日本 2002年7月6日
上映時間:88分
制作国:アメリカ
製作費:1億4000万ドル
興行収入:4億4100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ベオウルフ/呪われし勇者

  2. エンドゲーム 大統領最期の日

  3. 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

  4. 極秘指令 ドッグ×ドッグ

  5. エージェント・スティール

  6. パッセンジャー57

PAGE TOP