ドラマ

マジェスティック

『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のフランク・ダラボン監督が贈る奇跡と感動の3部作、ここに完結!

“自分のことすら知らない男を、町の誰もが希望と呼んだ。”

ストーリー:1951年ハリウッド。赤狩りの吊し上げが加速する中、新進脚本家ピーター・アプルトンにも、その余波が及んだ。突然、共産主義者と名指しされた彼が審問会に呼びだされたのだ。「これで僕のキャリアもおしまいだ」。がっくりきたピーターは事故を起こして川に転落。気がつくと見知らぬ海岸に打ち上げられていた。心優しい老人に助けられたピーターは、老人の住む田舎町ローソンに案内されるが、大きな戸惑いと不安に襲われる。ローソンの町人は、全員が彼のことを知っていたのだ。だが、彼には自分が誰なのか分からない。事故のショックですべての記憶を失ってしまったのだ。「ルーク!よく戻った。生きていると信じていた、我が息子よ!」涙ながらにピーターを抱きしめる老人ハリーは、第二次世界大戦に出征し、1944年以来行方不明になっている息子ルークと瓜ふたつのピーターを混同していた。戦場で8名の命を救って名誉勲章を受け、その後消息を絶った町の英雄ルークと……。大戦以来62名もの戦死者を出したローソンの町の住人にとって、死んだと思われていたルークの生還は、いまや希望を与える奇跡に違いなかった。そして、ルークの父ハリーは息子を失った悲しみから閉じていた「マジェスティック」という映画館を再建しようと決意する。最愛の息子ルークが、かつてこよなく愛していた「マジェスティック」に再び息吹を与えるために。そんな中、ルークの生還を聞き、都会で暮らしているかつての恋人アデルが帰郷する。ピーターにルークの記憶はないが、優しく魅力的なアデルに惹かれずにいられない。ハリーやアデル、町の住人たちの温かい気持ちに触れたピーターは、たとえ記憶が戻らなくてもこのままルークとしてこの町で生きていこうと心に決める。しかしその矢先、思いがけない事件が起こる・・・。

出演:ジム・キャリー、マーティン・ランドー、ローリー・ホールデン、デヴィッド・オグデン・スティアーズ、ジェームズ・ホイットモア、ジェフリー・デマン、ブルース・キャンベル、ロン・リフキン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 感動!素晴らしい映画でした

主演がジム・キャリーなので喜劇のような映画かと思っていましたが…こんなに良い作品だなんて想像もしていませんでした。町の人々の温かさ、優しさ、包容力…最後の法廷シーンは胸が熱くなりました。音楽も素敵!大好きな映画になりました。

★★★★★ 良い脚本と脚本家の話

ラストは想像できませんでした。主人公の記憶喪失と赤狩りをどうつながっていくんだろう。どう考えてもバットエンドしか無いという状況から脚本の力でハッピーエンドにしてくれました。最後に合点がいきました。すべてが必要な出来事だったんだと。

★★★★☆ あなたならどうしますか?

「あなたならどうしますか?」こんなプレッシャーを見ながら感じていました。ある日突然に襲ってくる奇想天外な出来事。取り乱してわめき散らすのか、それとも冷静にその場の状況を判断して行動するのか?こんなとき、人間の本性が浮かび上がってくるのかもしれません。最後はもっと正義を感じながら真剣に生きろと教えられたような気がします。

★★★★☆ 存在の価値

自分はこれをみてとても心が温まりました。まずキャラクター設定がしかっりして、そして一人一人とても気持ちが良い性格で優しい気持ちになれます。一つの偶然の勘違いの存在がここまで豊かな存在として変わっていく情景は感動したし、とても脚本が滑らかだなと感じました。いろいろなテーマに挑戦した作品なのに一つ一つ完結してる点は上手い映画だなと思った。そしてジム・キャリーの映画はやっぱり巧いとも感じる映画です。

作品の詳細

作品名:マジェスティック
原作名:The Majestic
監督:フランク・ダラボン
脚本:マイケル・スローン
公開:アメリカ 2001年12月21日、日本 2002年6月22日
上映時間:152分
制作国:アメリカ
製作費:7200万ドル
興行収入:3700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

  2. 黒い司法 0%からの奇跡

  3. パディントン

  4. ジャック&ローズのバラード

  5. テイク・シェルター

  6. マイ・スウィート・ガイズ

PAGE TOP