スリラー

ブラックサイト

コチラ サツジン 裏サイト 見ナイデイラレマスカ?

ストーリー:アメリカオレゴン州のポートランドで起きた悪夢。FBIサイバー捜査官ジェニファー(ダイアン・レイン)が捜査する闇サイトは、人々のアクセス数によって人を死に至らしめる殺人中継サイト。ネット上に映る捕らえられた被害者。彼らの生死を決めるのは、罪悪感もなく、一瞬でサイトにアクセスできる世界中の人々。その”好奇心“を利用して、自分の手を汚さずに殺人を完成させる知的サイコキラーの目的は?遂に犯人の手がかりをつかんだジェニファーに、魔の手が迫る!

出演:ダイアン・レイン、ビリー・バーク、コリン・ハンクス、ジョセフ・クロス、メアリー・ベス・ハート、 パーラ・ヘイニー=ジャーディン、ティム・デザーン、ジェシー・タイラー・ファーガソン、ダックス・ジョーダン、クリストファー・カズンズ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ しっかりと作られた作品

猟奇的なシーンが話題になっているようですが、見た感じではそれほど気になりませんでした。それよりも、最近はあまりみかけなくなった「CGやアクションシーンに頼らない」しっかり作られた映画という印象です。最近多くなった手持ちのカメラによる撮影なども少なく全編的に落ち着いた絵柄です。物事も淡々と進んでいきます。そんな中で犯人は着実に犯行を重ねていく・・・。画面に引き込まれて一気に見終わったそんな感じでした。良作だと思います。

★★★★☆ ネット社会にはいつまでもつきまとう問題

ネット社会の映画が増えてきている。SNSやスティーブ・ジョブスもその一つだろう。この映画はネット社会への問題提起。今でもコンピュータの世界には疎い人がたくさんいる。スマホでのSNSや動画配信は、問題の温床。ダイアン・レインもいい演技をしているし、視点としては面白い。よく纏まっていると思う。ネットゲームに有りそうなストーリー。若干暗い印象はするが、サクッと見るにはいいかも。

★★★★☆ サイコパスハッカー

2008年ぐらいの映画ですが今やもうこれ 現実で出来るよな~ とか ぞっとしますね。ネット社会に対する警鐘なのでしょうが 時すでに遅し・・・かもね。映画としてはありがちながら面白かったですよ。 微グロでも苦手な人や猫が好きな方は観ないほうがよいです。

★★★☆☆ 落ちだけがっかり

こういうジャンルのものをあまり見ない自分の感想です。殺人のシーンは手が込んでいて新鮮で思わず見入ってしまいました。ストーリーは思いのほかよくできており、サイバー犯罪と人間の群集心理の恐ろしさをよく表していて家族も巻き込まれるかもしれないというハラハラドキドキの展開に興奮しましたが、最後だけとんでもなくがっかりでした。最後は最悪だったけど全体としては結構面白かったです。

作品の詳細

作品名:ブラックサイト
原作名:Untraceable
監督:グレゴリー・ホブリット
脚本:ロバート・フィヴォレント、マーク・R・ブリンカー、アリソン・バーネット
公開:アメリカ:2008年1月25日、日本:2008年4月12日
上映時間:100分
制作国:アメリカ
製作費:3500万ドル
興行収入:5200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. メガ・シャークVSメカ・シャーク

  2. 悪魔の呼ぶ海へ

  3. ガンズ&ゴールド

  4. ストーカー

  5. ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男

  6. アンロック 陰謀のコード

PAGE TOP