ドラマ

シッピング・ニュース

北の国からやって来た、凍てついた根雪を溶かすあたたかな感動

ストーリー:妻ぺタルに裏切られ、娘バニーと共に父の故郷であるニューファンドランド島へとやってきたクオイル。凍てついた岬に建つ朽ちかけた家に住みながらも、地元新聞にコラムを書き始め、愉快な仲間たちに囲まれた充実した日々が始まった。さらには美しい未亡人ウェイヴィと出逢い、クオイルは新しい人生への期待に心を躍らせる。そんな折、村人から彼の一族には封印されていた過去があることを聞かされる・・・。

出演:ケヴィン・スペイシー、ジュリアン・ムーア、ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、スコット・グレン、ピート・ポスルスウェイト、リス・エヴァンス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 船の新聞

再生の物語。ハルストレム監督の手腕がひかる素晴らしい作品。出演者も監督次第で味を引き出しますね。サウンドトラックも購入してしまいました。家を運ぶシーンは秀逸。これもロードムービーの類なのかな・・・いろんな人がどっかで答えを必ず見つけるはず。

★★★★★ 家庭という密室

この映画を見てそう思いました。身内、特に夫婦間、血を分けたきょうだいには感情を無防備なまでに許します。他人や友人のように何があっても切れることはない・・・家族という特有で不思議な人間関係。例え、離れても心の中では一部と化している面もあるのではないでしょうか。家族に人生を左右されるような仕打ちを受けても逃れられない・・・またその危険が、周りの他人に知れてもなかなか介入が許されない、特有で不思議な家庭という社会。無防備なまでの信頼を裏切られたときのそれぞれの生き方をうまく映画にしていると思います。最後に家がつぶれるシーン、家族からの心の呪縛が取れたような気がしました。自由に自分らしく生きられる・・・それがいかに困難か、最愛の家族によって受けた傷の深さを思い知ります。確か、『ギルバート・グレイプ』も家族間でそれぞれに心の迷いを抱え、最後に家が燃えたような・・・記憶が。こちらも一見の価値ありです。

★★★★☆ ラッセ・ハルストレムが大好きです。

人を撮らせたら右に出るものがいないラッセ・ハルストレムの作品。他の作品と同様、この作品も美しい。現実離れしたアクション、現実離れした脚本がなくても心に響く作品が見たければ、間違いなくお薦め。

★★★☆☆ 静かで熱い演技!

出演者の演技は素晴らしいです。原作の雰囲気を壊していないし、静かで熱い演技が光ります。でも、原作を先に読んでしまっていたので、ヴェイヴイとクオイルが互いの心情を告白しあうシーンは思っていたよりさらっとしていて、戸惑ってしまいました。私としてはDVDを見た後に原作を読むことをお薦めします。因みに原書は専門用語の多用&独特の文体で、英語初学者には難しいかも?邦訳版が出ているのでそちらを選んだ方が無難かもしれません。

★★★☆☆ 寂しい映像

ニューファンドランド島。どうしてあんな所にわざわざ引っ越してしまったの、とずっと考えながら見ていた。人口も少なそうだし、不便で寂しそう。冴えない男だったクオイルは最初と比べて最後の方は、まるで別人のように人間的に成長した魅力ある素敵な男性になっている。でもやっぱり、どんなに美しくても、海や離島の寂しい映像を見るのはあまり好きじゃない。こういうのはやっぱり小説で読んだ方がいいかなと思った。

作品の詳細

作品名:シッピング・ニュース
原作名:The Shipping News
監督:ラッセ・ハルストレム
脚本:ロバート・ネルソン・ジェイコブス
原作:E・アニー・プルー『The Shipping News』
公開:アメリカ:2001年12月18日、日本:2002年3月23日
上映時間:111分
制作国:アメリカ
製作費:3800万ドル
興行収入:2400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

作品に出てくる英語

dog-paddle:【動】犬かき
dreary:【話】退屈な
clerical error:事務処理の間違い
stimulating:【形】刺激的な
stumble into:偶然かかわるようになる
get laid:【俗】セックスする
dump:【名】汚い場所、ゴミの山
stretch marks:妊娠線
creep around:忍び足で回りをうろつく
It’s your funeral:あなたの問題・責任
put an end to:終止符を打つ
undertaker:【名】葬儀屋
not much of a:大した~ではない
would of= would have:~だっただろう
bum:【名】ホームレス、役立たず
stick around:近くにいる
mercifully:【副】幸いに
outfit:【話】(小さな)組織、チーム
omen:【名】神のお告げ
roofline:【名】屋根の輪郭線
as straight as a ruler:定規で引いたようにまっすぐ
care for~:~を大事に思う
blessed:【形】いまいましい
lash down:縛り付ける
moan:【動】うなる
have no bones about:~するのにためらいはない
bronchitis:気管支炎
knack:【名】こつ、要領の良さ
dark patch:黒ずんだ斑点
mitten:【名】手袋
tomcod:【魚】トムコッド(タラの仲間)
make a go of:(仕事・人間関係を)何とかうまくやっていく
clink:【俗】刑務所
folks:【俗】人々
take a dip:ひと泳ぎする
head up:組織の長を務める
shortwave:短波ラジオ
take the liberty of:勝手ながら、失礼ながら
mystical:【形】超常的な
tongue:【名】言葉、言語
plagiarism:【名】盗作、盗用
keen power of observation:鋭い観察力
snatch off:ひったくる
unlawful:【形】違法の、非合法の
moose:【動物】ヘラジカ
mercy:【名】幸運なこと、感謝すべきこと
hind quarter:後四半身
fella=fellow:【名】男、やつ、仲間
posture:【名】姿勢、身のこなし
stride:【名】歩幅、歩き方
imminent:【形】(危険が)差し迫った
un-retire:【動】復帰する
upholstery:【名】内装、内張り
thud:【名】ドスンという音
the stuff of legends:語り草、伝説
get stranded:岸に乗り上げる、座礁する
bladder:【名】膀胱
Newfie:ニューファンドランド人
hull:【名】船体
amidship:【名】船体中央部
skiff:【名】小型モーターボート
be spoken for:(物や場所が)売約済みである
take a chance on:~にいちかばちかかける
solid:【形】硬い、(材質が)純粋の
break free of:~から逃げ出す
mooring:【名】(船の)係留所
pound:【動】強打する
rubble:【名】がれき
lapse:【動】失効・無効にする
weasel:【動】(義務・責任を)回避する
get off on the wrong foot:悪いスタートを切る
be way off base:大きな間違いをして
snotty:【形】横柄な、礼儀知らずの
wallow:【動】溺れる、もがく
cockeyed:【形】ゆがんだ、ばかげた
vessel:【名】船舶
sniff:【動】気づく、勘ずく
flush:【形】平らな
anchor:【名】いかり
booger:【俗】最低なやつ
juju:【名】魔よけ
feeler:【名】触覚
shanghai:【動】騙して~させる
lumbering:【形】頭の鈍い、動きの遅い
blow it:【俗】台無しにする、しくじる
coax:【動】(慎重に)操舵する
wee bit:ほんの少し
cairn:【名】石で積み上げた塚
loot:【俗】金
savage:【名】野蛮な人
nipper:【話】子供
get one’s walking papers:解雇される
abreast:【副】横に並んで、並行して
dwelling:【名】住居
second coming of ~:~の再来
esteemed:【形】尊敬される、高く評価される
schooner:【名】スクーナー船
ruptured:【形】破裂性の
corroded:【形】腐食した
nourish:【動】滋養を与える、育てる
a man(person) of principle:主義主張を持っている人
dumb:【俗】頭が悪い
flipper:【名】(クジラ類の)足ヒレ
cartilage:【名】軟骨
tingle:【名】ヒリヒリする、チクチクする
disembodied:【形】体から切り離された
socialite:【名】社交界の有名人
raconteur:【フランス語】話が上手な人
get one’s hopes up:期待を上げる
rootless:【形】社会的に足場のない
traitor:【名】卑怯者、裏切者
looter:【名】略奪者
brewery:【名】酒の醸造所
run off:逃げる、駆け落ちする
Winnipeg:【地名】ウィニーペグ
not that~:that以下というわけではない
dishy:【形】魅力的な、セクシーな
retract:【動】(前言を)取り消す、引っ込める
blow something to bits:~を木っ端みじんにする
weary:【形】疲れた
partridge berry:【植物】ツルアリドウシ
duff:【名】(乾燥した果実を入れて作った)プティング

関連作品

  1. ラブリーボーン

  2. 45歳からの恋の幕アケ!!

  3. ジャングル・ブック

  4. ヴァージン・スーサイズ

  5. クィーン

  6. グッド・ライ 〜いちばん優しい嘘〜

PAGE TOP