アクション

ドミノ

キーラ・ナイトレイ主演によるバイオレンスアクション

ストーリー:父親は有名俳優、母親はスーパーモデルというセレブな環境で育った少女ドミノ・ハーヴェイ(キーラ・ナイトレイ)。恵まれた容姿でモデルの世界やハリウッド・セレブの生活も体験した彼女は、虚飾に彩られた生活を捨て去り新聞広告で見つけた職業「バウンティ・ハンター」の世界に飛び込んだ。ベテラン・ハンターのエド(ミッキー・ローク)やチョコ(エドガー・ラミレス)と共に動き危険と隣合わせのスリリングな毎日に生き甲斐を見いだしたドミノだったが、今回の仕事がヤバイことに・・・。凶悪マフィアを敵に回し、FBIから追跡を受けるハメになったドミノ一行。強奪された1,000万ドルを巡り、命がけの大勝負が幕を開けた!

出演:キーラ・ナイトレイ、ミッキー・ローク、エドガー・ラミレス、デルロイ・リンドー、ルーシー・リュー、クリストファー・ウォーケン、ミーナ・スヴァーリ、ジャクリーン・ビセット、ブライアン・オースティン・グリーン、アイアン・ジーリング

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ブットビ ハチャメチャ 不思議爽快

キーラ・ナイトレイが強烈な演技。何とも見とれ捲くり、惚れ惚れ。ビックリ連続の見とれるハードな展開。エドガー・ラミレスも魅力タップリ。ミッキー・ロークも円熟の貫禄。アフガニスタンが絡むストーリーも深遠。星は5つで、足りないレベル。大満足の一語。

★★★★☆ そこそこ楽しめる映画

監督はトニー・スコットで2005年の作品。実在した元モデルであるドミノ・ハーヴェイという人の自伝的映画だそうだ。この人、バウンティ・ハンターということをやっていて、日本にはないが犯罪者や逃亡者を逮捕することで報酬を得ている職業だそうだ。流石恐ろしい国アメリカだけある。まずスタイリッシュでかっこつけた映像はちょっと鼻につくが新鮮です。新しい映像を作ろうという意気込みを買います。主演のキーラ・ナイトレイの美貌、スタイルがこの映画での貢献大だと思います。後ミッキー・ロークもいい味だしています。銃撃戦の迫力もあります。結論としてはってところでしょうか。

★★★☆☆ 実在の人物

ドミノが実在の人物ということでノンフィクションに近い映画かと思い観ましたが、内容はまたっくのフィクションでアクションも中途半端なように思われました。 もっと、裕福で美人でありながら賞金稼ぎになったドミノの人物像に迫る映画として作ってくれたほうが良かったのではないかなと感じました。

作品の詳細

作品名:ドミノ
原作名:Domino
監督:トニー・スコット
脚本:リチャード・ケリー
公開:アメリカ 2005年10月14日、日本 2005年10月22日
上映時間:127分
制作国:アメリカ、フランス、イギリス
製作費:5000万ドル
興行収入:2200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 荒野の七人

  2. プラネット・テラー

  3. 黒いジャガー

  4. 決闘の大地で ウォリアーズ・ウェイ

  5. リーサル・ウェポン

  6. ジャスティス・リーグ

PAGE TOP