アクション

アイランド

「アルマゲドン」「パール・ハーバー」のマイケル・ベイ監督が放つ近未来アクション超大作!
逃げろ、生きるために―。

2019年、リンカーンは大気汚染から救いだされ、完璧に管理された味気ない都市空間のコミュニティで暮らしている。
安全で快適だけれど、退屈な日々。唯一楽しみは女性の居住棟で暮らすジョーダンとの心はずむ会話だけ…。
ここで暮らす人々の夢は、地上最高の楽園「アイランド」へ行くこと、ときどき行われる抽選会が彼らの最大の関心事だ。
しかしリンカーンはある日ふとしたことから、この都市空間の恐るべき真実を知ってしまう。
逃げることだけが生き延びる手段と知った彼はジョーダンとともに決死の脱出に挑む!
二人を捕獲するために組織された大規模なセキュリティーチームの容赦ない追跡、陸・空を駆け巡る息詰まる攻防!

果たして彼らは、生き残るために、そして仲間を救うために逃げ延びることができるのか!?

キャスト:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー、ショーン・ビーン、マイケル・クラーク・ダンカン、スティーヴ・ブシェミ、イーサン・フィリップス、グレン・モーシャワー

視聴者の声【Amazonレビューより】

マトリックス、コーマ、リベリオン、フィフスエレメント、クローン等など、今までの近未来SF作品のどこかで観たようなシーンが此処かしこにあるにも関わらず、ストーリーに説得力もあったし斬新で深みがありパワフルな作品だった。前半の「静」、後半の「動」、メリハリの利いた構成も効果的だった。大掛かりで激しいアクションも出来るだけ役者自身が取り組んだとあって、ウソのないリアルな映像がさらに魅力を増した。観る者に想像の自由を与えてくれた「解放されたクローンたちの今後」は良かったが、「今後の2人」がなぜかボートをチラッと見せるだけで終わってしまって肩透かしを食らった気分。ショーン・ビーンや、S・ブシェミら、脇もよかったし、いつの間にかセクシーな男になっていたユアン・マクレガーそのものは個人的に大きな見所だった。

ES細胞、クローン、臓器移植などが結構身近な「今」を生きる我々に対し、グッドタイミングで問題提起してきた作品ではないだろうか。ユアンの見た空も海も真っ青だった。「2019年、地球はまだまだクリーン」という話にほっとさせられた。

DVDは持っていて、何度も見直していました。
ブルーレイ版なら画質が向上しているだろうと期待していたのですが、
あんまり変わらないね(笑)
マスターとクローンが入れ替わるシーンが一番好き。
咄嗟の判断は時に真実をも見失うが、嘘が真実として成立することもあるのだ。
そしてそれらが正しい判断として広く認知されてしまう場合もあるってこと。
うん、深いな。
ヨハンソンの魅力も最大限に発揮されているので、
興味があるなら是非手にして欲しい。

「アイ・ロボット」などにも共通することかも知れませんが、人間が神の領域を侵して生命の創造に関わってはいけないのではないかという思いが強くなりました。クローンとして作られた人間は、あくまでも人間としての扱いは受けずに、ただの植物と同じだと見なされ、健康な臓器を提供する材料にされるという信じがたい話です。でも、動物のクローンは現実に作られていますし、その技術はすでに人間にも応用が利く段階に入っているでしょうから、これはもう映画の世界に止まらない話題ではないでしょうか。

クローン人間にしても、アンドロイドにしても、命の重さに変わりはないはず。ロボットを作ったとしても、そこには自然に魂が宿るのではないでしょうか。近未来に人間が犯しかねない大きなミスを、この映画は警告してくれていると思います。

作品の詳細

作品名:アイランド
原作名:The Island
監督:マイケル・ベイ
脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
公開:アメリカ 2005年6月22日、日本 2005年7月23日
上映時間:136分
制作国:アメリカ
製作費:1億2600万ドル
興行収入:1億6200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. キラー・エリート

  2. ラスト・ターゲット

  3. ナショナル・トレジャー

  4. ヴェノム

  5. キングコング: 髑髏島の巨神

  6. ネゴシエーター

PAGE TOP