ドラマ

この森で、天使はバスを降りた

ある冬の夜、パーシーはたった一人で田舎町のバス停に降り立った・・・・。

古ぼけたレストラン”スピットファイヤー・グリル”で働き始めた彼女に、住民たちは遠慮のない好奇の目を向ける。グリルの女主人ハナは、一人息子を戦争で亡くし、主婦、シェルビーは、家庭の悩みを抱えている。いつしか美しい森にも目を向けなくなった町の人々。だが、パーシーの純粋な優しさに包まれ、傷ついた心も次第に癒され。しかし、最も傷ついていたのは誰にも言えない過去を抱えていたパーシーだったのだ。1996年サンダンス映画祭で観客賞を受賞。誰もが純粋な優しさを思い出す爽やかな感動の物語。

作品の詳細

作品名:この森で天使はバスを降りた
原作名:The Spitfire Grill
監督:リー・デヴィッド・ズロトフ
脚本:リー・デヴィッド・ズロトフ
公開:アメリカ:1996年1月24日、日本:1998年1月15日
上映時間:117分
製作国:アメリカ
制作費:600万ドル
興行収入:1200万ドル
キャスト:アリソン・エリオット、 エレン・バースティン、 マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィル・パットン、キーラン・マローニー、ゲイラード・サーテイン、ルイーズ・デ・コーミア
レビュー:★★★★☆(62)
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

作品に出てくる英語

between us:ここだけの話だが
turn scarlet:(葉が)深紅色になる・変わる
any day:どんなときでも
主語 need ~ing:主語が~されている必要がある
load:【名】(一回で処理・投入される)量
quarry:【名】採石場
truth be told:正直に言うと
give account to~:~を説明する
and all:~など(で)
do someone a favor:~の願いを聞いてやる
owe someone a favor:~に借りがある
dawdle:【動】ブラブラする、(時間を)無駄にする
tending:【名】世話、管理
root cellar:地下の野菜貯蔵室
solitary:【名】独房監禁
scrubbing pad:スポンジたわし
suit:【動】~を気に入る、満足する
be apt to~:~しそうである
warden:【名】刑務所長
stout:【形】どっしりとした、太った
have a mind of one’s own:自分なりの考えを持っている
be warm to~:~に好意を持つ、~に乗り気になる
keep an eye on ~:~を見張る
granite:【名】花こう岩
resume:【動】再び再開する
later on:あとで
come along:一緒に来る
manslaughter:【名】過失致死罪
have at it:さあどうぞ、さあ、やってみて
come hell and high water:何が何でも
plaster:【名】ギプス
spasm:【動】けいれんする
be back on one’s feet:元気になる
carp:【動】文句を言う、難くせつける
numb:【俗・形】頭が鈍い
queer:【形】奇妙な
recall:【動】思い出す、思い起こす
drool:【動】よだれを垂らす
make a mess of~:~を汚す、~を台無しにする
if not for~:~がなかったら
canvas:【名】キャンバス生地
sack:【名】(粗い布製の)ずだ袋
stump:【名】切り株
see to it:取り計らう、手配する
playpen:【名】ベビーサークル
bother:【名】悩みの種、面倒なこと
a far sight better/damn sight better than~:~よりはるかに良い
sort out:~をまとめる、整理する
mean someone harm:悪気がある、悪意がある
odd duck:【俗】変人
no lack of~:~が十分、~に事欠かない
nosy:【形】詮索好きな、おせっかいな
bring out the best in~:~の最も良い所を引き出す
draft:【動】徴兵する
enlist:【動】入隊する
serve:【動】仕える、務める
be raring to ~:~したくてウズウズする
give out:疲れ果てる、尽きる、終わる、
folks:【名】人々
raffle off:くじで処理する
be running short of~:~が不足している
It’s high time 主語 動詞の過去形:~してもいいころあい
milksop:【名】腰抜け、軟弱
get on the stick:さっさと仕事に取り掛かる
you might want to~:~したほうがいいかもしれない
roll around:【句動】(月日が)巡ってくる、やってくる
let alone~:~は言うまでもなく
seat:【動】(~の人数を)収容できる
entry:【名】応募、登録
rattling:【名】ガラガラという音
poor white trash:【俗・軽蔑】下層白人
conviction:【名】有罪判決
be all set:準備ができている
lumber:【名】木材
vicinity:【名】近所
a truckload of~:トラック一台ぶんの~
read up on ~:~に関する情報・知識を得る
squaw:【俗・軽蔑・名】女、妻
be liquored up:酒を喰らっている
capsize someone’s canoe:(人の)カヌーを転覆させる
the hell with it:(拒絶・軽蔑・失望を表して)知ったことではない、うんざりだ
be up to~:~を(密かに)企んでいる
holy mackerel:(驚きを表わす)ウソだろ!なんてこった!
not have two nickels/pennies to rub together:無一文、すってんてん
deserving:【形】資格のある、~に値する
blessing:【名】ありがたい事、幸いなこと
out of pity:同情して、哀れんで
have one’s work cut out for:難しい仕事を抱える
jug:【名】水差し、つぼ
applejack:【名】アップルジャック:発酵させたリンゴ守を蒸留して作るお酒
not do someone any good:(人に)何のやくにも立たない、効き目がない
rub elbow (with somebody):(人と)ふれあう
be/get all worked up:頭に血がのぼる、カッカする
smart ass remark:【俗】思いあがった言動
someone’s bark is worse than someone’s bite:見かけほど怖くない
come upon someone:~に(偶然)出会う
kick oneself:【話】(過去を振り返って)後悔する
scrappy:【形】肝の据わった、ケンカ腰の
tan:【形】黄褐色の
add up:【動】計算があう、納得がいく
balm:【名】慰め
lose track of time:時がたつのを忘れる
sneak off:こっそり姿を消す
at the crack of dawn:夜明けと共に
have it out for someone:(人を)しつこく懲らしめる
pull the wool over someone’s eyes:人をだます、目をくらます
get a chip on one’s shoulder:ケンカ腰になる、イライラする
barge in:【句動】押しかける、口をはさむ
condemn:【動】非難する、咎める
turn one’s back on someone:(人を)見放す、無視する、背を向ける
be as~as can be:~極まりない、最高に~だ
rankle:【動】苦しめる、イライラさせる
amount to much:大した人・もの

Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. プライベート・ウォー

  2. 風と共に去る20ドル!?

  3. わたしは生きていける

  4. フェンス

  5. ファイティング×ガール

  6. シークレット・パーティー

PAGE TOP