ドラマ

母の眠り

悪性の腫瘍を手術することになった母親と、彼女を看護するために帰郷した娘の絆を描く

ストーリー:ニューヨークで新聞記者として活躍するエレン(レニー・ゼルウィガー)は、仕事一筋で生きる野心家。国民文学賞の受賞経験を持つ大学教授の父親ジョージ(ウィリアム・ハート)が自慢で、家族のことしか頭にない家庭的な母親ケイト(メリル・ストリープ)には険悪感を抱いていた。だがある日、母がガンで倒れ、看病のために自分のキャリアを捨て帰郷することになる。そして、家事と悪戦苦闘する毎日を過ごすうちに、やがて父の本当の顔、母の真実の強さを知っていく・・・。

出演:メリル・ストリープ、レネー・ゼルウィガー、ウィリアム・ハート、トム・エヴェレット・スコット、ローレン・グレアム、ジェームズ・エックハウス、ニッキー・カット

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ メリル・ストリープの演技に圧巻!

専業主婦は毎日大変だ。だけど誰もわかってくれない。当たり前のことをやっているから、ありがたられない。でも人間の生活の必要な部分に静かに手を差し伸べている・・・・。母は強い。本当に強い。母孝行したくなる。メリル・ストリープのいつもながらの名演技に引き込まれます。強く、明るく、周りを照らす。彼女そのもの。彼女の演技と作品は大好きだが、コレはもう大好きとかの域をかえて、演技とは思えないほど、自然で、メリル自身こんな母なんだろうな~と思わせる。メリルのお子様がうらやましくなってしまったりして。女性もだけど、既婚の男性にも妻を思う心を見ていただきたい。家族を愛しい人の手を握りたくなる作品。

★★★★☆ 家族ってそうだよな。。

実感として、色々あるけどやっぱ家族は家族なんだなと、しみじみ感じさせてくれる作品です。最後を迎える時、家族のそばでいたいと思いました。メリル・ストリープもしかり、レニー・ゼルウィガーの存在が光ります。しんみりしますが、心に残る作品です。

作品の詳細

作品名:One True Thing
監督:カール・フランクリン
脚本:カレン・クロナー
原作:アナクィンドレン
公開:アメリカ:1998年9月18日、日本 1999年11月13日
制作国:アメリカ
製作費:3000万ドル
興行収入:2600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. セックス調査団

  2. つぐない

  3. アバター

  4. それでも、やっぱりパパが好き!

  5. フットルース

  6. ブレイブ

PAGE TOP