ドラマ

アバター

各国で歴代興収を次々と塗り替え、ついに「タイタニック」が約1年半かけて達成した記録を、公開後たった39日間で突破!

『スター・ウォーズ』+『タイタニック』+『マトリックス』+『エヴァンゲリオン』+『ロード・オブ・ザ・リング』+宮崎アニメなどなど、すべてが凝縮!

ストーリー:22世紀、人類は地球から遠く離れたパンドラで<アバター計画>に着手していた。この星の先住民ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体<アバター>を創ることで、有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘しようというのだ。この計画に参加した元兵士ジェイク(サム・ワーシントン)は車椅子の身だったが、<アバター>を得て体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、ナヴィの族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と恋に落ちるジェイク。しかし彼はパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き、この星の運命を決する選択を強いられていく・・・。

出演:サム・ワーシントン、 シガニー・ウィーバー、 スティーヴン・ラング、 ミシェル・ロドリゲス、パーカー・セルフリッジ、 ゾーイ・サルダナ、ジョヴァンニ・リビシ、ジョエル・デヴィッド・ムーア、CCH・パウンダー、ピーター・メンサー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 映像が美しい

画公開時からとても評判が良かったので、見るのが楽しみでした。木や空中の島、見たこともない植物がとても美しく、映像美だけでも楽しめました。自然と調和して生きる先住民の生き方に考えさせられるところもありました。物語の前半で、糧を得るために獣に感謝をささげてナイフを刺すナヴィの姿は美しく、後半で侵略を目的として獣にナイフを刺し続けた地球人の姿はとてもおぞましかった。ストーリーのメッセージ性としてはありきたりなもので一度見れば十分ですが、ナヴィたちの生き方やこの星の美しさをもう一度見たい。

★★★★☆ 映像を一つ上のステージに押し上げた作品

人間側のエゴを自然に押し付けるといったありふれた内容を大きなスケールと圧倒的な映像美で描いた作品。内容は王道で外れが無く楽しめると思う。やはり最大の特徴としては作りこまれた映像の美しさだろう。今観ると甘い部分はあるし不自然さも多々あるし当時としてはと言う評価は多いと思うが映像や技術を現在と比べるのはナンセンスだと思う。間違いなくこの作品は映像のステージを上げた事には違いないのだから。現地住民であるナヴィを最初に見た時は強烈な違和感を感じたが最後の方には可愛く見える時もあるから映し出し方って凄いなと思う。

★★★★☆ 王道のストーリー

アバターは自分の分身という意味の英単語である。主人公は装置によって別の惑星の住民の中身と入れ替わってしまう。住民と仲良くなっていき、結果的には人間と戦うことになってしまう。最終敵には環境破壊する人間を懲らしめ、主人公は惑星の住民となって生きることを決意する、という話である。物語では星を侵略する人間は悪として描かれている。しかし、こういった侵略は人間の歴史上何度も繰り返されてきたことであり、現在も世界中で似たようなことが行われている。自然のままに生きることとは何か、ということが改めて考えさせられたような気がする。

作品の詳細

作品名:アバター
原作名:Avatar
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
公開:イギリス 2009年12月10日、日本 2009年12月23日
制作国:アメリカ、イギリス
上映時間:162分
製作費:2億3700万ドル
興行収入:28億ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 7つの贈り物

  2. ランブルフィッシュ

  3. シークレットサービス

  4. トム・ソーヤーの大冒険

  5. しあわせ色のルビー

  6. 早熟のアイオワ

PAGE TOP