スリラー

メドゥーサ・タッチ

ジャック・ゴールド監督による日本未公開ホラー

ストーリー:風格漂う大都会、ロンドン。人気作家モーラー(リチャード・バートン)の殺人未遂事件が発生し、フランスから研修にきていたブルネル刑事(リノ・ヴァンチュラ)が担当となる。捜査してゆくうち、モーラーが記した日記や精神科医(リー・レミック)の証言から彼の忌まわしい過去と恐ろしい事実が判明する。その頃、瀕死の重体だったモーラーが、普通の人間では有りえないような回復ぶりを見せ、時を同じくしてウェストミンスター寺院が不気味にその壁面を揺らしはじめるのだった。果たして、モーラーの正体とは、そしてその目的とは・・・。

出演:リチャード・バートン、リノ・ヴァンチュラ、リー・レミック、マイケル・バーン、ハリー・アンドリュース、ゴードン・ジャクソン、アヴリル・エルガー、ジェレミー・ブレット、マリー=クリスティーヌ・バロー、デレク・ジャコビ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ 『デスノート』の原点か?

殺意を抱いただけで、災厄の招来という形で相手を殺せる、すごく便利な超能力を持った男の、惨殺の遍歴を巡るサスペンスタッチのSFホラー。原作はミステリーだそうだが、冒頭でホラーであることを明言しているところが残念かもだ。だが超能力者リチャード・バートンの日記とサイコセラピストとの対話で事件を紡ぐという手法も含め、『デスノート』に結構影響を与えているような気がする。カタストロフシーンの特撮の出来栄えが、当時としては最高クラスの職人仕事。それもそのはず、特撮を手がけたブライアン・ジョンソンは、『2001年宇宙の旅』や『スペース1999』に参加しており、後に『エイリアン』や『ドラゴン・ハート』を送り出した人だ。トリビアルな見所としては、俳優陣の燻し銀のチョイスも堪えられないが、あのジェレミー・”シャーロック・ホームズ”・ブレットが、チョイ役で出演している。

作品の詳細

作品名:メドゥーサ・タッチ
原作名:The Medusa Touch
監督:ジャック・ゴールド
脚本:ジョン・ブライリー
公開:イギリス 1978年4月7日、日本 劇場未公開
上映時間:105分
制作国:イギリス、フランス
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. マザーズボーイ/危険な再会

  2. 誘拐の掟

  3. キング・ホステージ

  4. 化け物屋敷と悪魔教授

  5. 不法侵入

  6. THE 4TH KIND フォース・カインド

PAGE TOP