西部劇映画

ワーロック

華麗なるガン・プレイ、喧騒の酒場、男たちの友情・・・砂塵舞う西部の町、ワーロックを舞台に悪に立ち向かう2人の男

ストーリー:牧場主マキューン一味が牛耳るワーロックの町の人々は、傲慢だが凄腕の保安官クレイ(ヘンリー・フォンダ)を自衛のため招くことに。まもなくしてクレイは札付きのギャンブラーとともに町に現れ、拳銃にものを言わせながら徹底的に町を粛清していく。しかしかつてマキューンの部下だったものの、今では町に尽くすようになったギャノン(リチャード・ウィドマーク)に人々の信頼が集まるようになり、いつしか彼とクレイとの対決は避けられないものに・・・。

出演:リチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、アンソニー・クイン、ドロシー・マローン、ドロレス・マイケルズ、ウォーレス・フォード、デフォレスト・ケリー、フランク・ゴーシン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ 現代に通じる傑作西部劇。

やれ平和だとか正義だとかいう”善良な市民”というのがいかに自己中心で偽善者かを示した映画。判事がその象徴。どこかの国の野党のようだ。ヘンリー・フォンダ演じる雇われ保安官の怒りは、彼が退治するごろつき団よりも、きれいごとばかり言って行動しない判事に向けられている。途中から正義の味方に転向するリチャード・ウィドマークもしかり。しかしよくクレジットの最初に表記されるウィドマークがこんな役に甘んじたのか。どう考えても主役はフォンダである。ただ一人最初フォンダに反感を抱いていた女性が、フォンダの孤独と町民の偽善性を理解していた。フォンダに屈折した感情を抱くアンソニー・クインのキャラクターも秀逸。西部劇の枠にしばられない現在に通じる傑作。

作品の詳細

作品名:ワーロック
原作名:Warlock
監督:エドワード・ドミトリク
脚本:ロバート・アラン・アーサー
公開:アメリカ 1959年4月1日、日本 1959年7月1日
上映時間:122分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. 弾丸を噛め

  2. ネバダ決死隊

  3. 戦いの太鼓

  4. クイック&デッド

  5. 墓石と決闘

  6. 追跡

PAGE TOP