戦争映画

G・I・ジョー

第2次大戦中、沖縄伊江島で戦死した従軍記者アーニー・パイルのルポルタージュ「ここに君達の戦いがある」に基づき、レスター・コーワンが1945年に製作した戦記映画

ストーリー:第二次大戦下の北アフリカ戦線。従軍記者アーニー・パイル(バージェス・メレディス)は、ウォーカー中尉(ロバート・ミッチャム)の指揮する米軍歩兵部隊と行動を共にする。カッセネリ峠の激戦で敗北した部隊は、犠牲者も増えるが、やがてイタリアに転戦。シシリーやサレルノ、カッシーノの戦いに参加する。激しい戦闘の合間で、パイルは兵士たちの悩み、苦しみを見続けるが・・・。

出演:バージェス・メレディス、ロバート・ミッチャム、フレディ・スティール、ウォーリー・カッセル、ジミー・ロイド

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ アーニー・パイル

第二次大戦で従軍し、ピューリッアー賞を受賞したアメリカの新聞記者がアフリカ戦線を描いた自伝的な作品です。彼は後に沖縄の伊江島で日本軍に撃たれて命を落としました。アメリカでは著名な記者でした。彼の死を悼んで東京宝塚劇場は接収時にアーニー・パイル劇場と名付けられていました。小さい頃によくそばを通った記憶があります。(歳がばれる)小学生の時に映画館で見て以来、大人になってからビデオを探しましたが、日本版はなく、やっと登場したのです。日本では作られない、兵士の内面と記者の客観性を描いた作品で、ふつうの戦争映画よりちょっと視点が深いなと、印象に残りました。アーニー・パイルに扮した、俳優バージェス・メレディスの控えめな演技は本人の雰囲気をよく再現していると話題になりました。兵士を演じた若きロバート・ミッチャムも良い味を出しています。

作品の詳細

作品名:G・I・ジョー
原作名:The Story of G.I. Joe
監督:ウィリアム・A・ウェルマン
脚本:レオポルド・アトラス、フィリップ・スティーヴンソン
原作:アーニー・パイル
公開:アメリカ 1945年6月18日、日本 1953年9月3日
上映時間:109分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. エネミー・ライン

  2. 父親たちの星条旗

  3. ブランニュー・ワールド

  4. 愛の嵐

  5. 攻撃

  6. フロントミッション 革命の反逆者たち

PAGE TOP