ドラマ

ウィズ・ユー

知的障害を持つ青年と、複雑な家庭に育った10歳の多感な少女との心の交流を描いたヒューマン・ドラマ

ストーリー:1960年代後半、ペンシルバニア州の小さな田舎町。10歳になるハリエット(エヴァン・レイチェル・ウッド)は家族で経営するモーテルで暮らしている。母はアル中、姉は何人もの男と寝ているふしだらな女。夢の世界に生きる彼女は、本当に自分を理解してくれる場所に行きたいと願っていた。そんなある日、ハリエットは知的障害を持つ青年リッキー(ケヴィン・ベーコン)と出会い、二人だけが互いを理解し合えると気づく・・・。

出演:エヴァン・レイチェル・ウッド、ケヴィン・ベーコン、メアリー・スチュアート・マスターソン、マリアン・セルデス、キャシー・モリアーティ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ 現実的なことをサラッと描いてるという感じ

子供は自由でいいなぁ〜などと大人はよくいいますが、この映画を観ると子供の頃によく感じていた『子供であることの不自由さ』みたいな物を思い出しました。子供の頃は逆に早く大人になりたい、自由になりたいとかよく言っていたのに、結局は大人には大人の責任ってもんがあって、自由がきかないし、子供は大人なしじゃ生けていけません。主人公が子供である現実を受け入れたくない少女なら、主人公の姉は大人になりきれない大人といったところでしょうか。知的障害を持つ青年リッキーが現実をよく理解しているところもなんだか切ない。淡々としてますが、いろんな事を考えさせられてしまう映画でした。いや、決して重い内容ではないんですが・・・。

作品の詳細

作品名:ウィズ・ユー
原作名:Digging to China
監督:ティモシー・ハットン
脚本:カレン・ジャンセン
公開:アメリカ 1998年9月11日、日本 1999年3月20日
上映時間:98分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. アバウト・ア・ボーイ

  2. 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

  3. アレキサンダー

  4. フランクおじさん

  5. 微笑みに出逢う街角

  6. 真実の瞬間

PAGE TOP